女神のカフェテラス第4話のネタバレあらすじ・感想まとめ

女神のカフェテラス第4話のネタバレあらすじ・感想まとめ

2021年3月10日発売の週刊少年マガジンで公開された、女神のカフェテラス第4話「挨拶回り」を読みました。この記事では、女神のカフェテラス第3話ののネタバレあらすじと感想をお届けします。

\今すぐ無料で読める/
>>このマンガを今すぐ無料で読む
お試し中に解約しても0円!

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

>>女神のカフェテラス第3話「プレオープン」はこちら

第3話「プレオープン」では、お店の再開を前にプレオープンということで、女子5人を相手に予行練習を行う隼(はやと)。

おばあちゃんの仕事を子どもの頃から見てきた隼は、手際よく自信満々にコーヒーを淹れますが、味だけは再現することができず5人に酷評されてしまいます。

その後、コーヒーを淹れるのが一番上手な紅葉に、頭を下げて教えてもらい、勉強をする隼でした。

 

女神のカフェテラス第4話「挨拶回り」のネタバレとあらすじ

【登場人物】

粕 壁隼
(かすかべ はやと)
主人公。東京大学の1年生(休学中)。亡き祖母が残した喫茶店を継ぐ。

鶴河 秋水
(つるが あみ)
高校3年生。空手有段者。黒髪ポニーテール。

月島 流星
(つきしま りほ)
大学2年生。腹黒。酒好き。金髪ツインテール。

小野 白菊
(おの しらぎく)
大学2年生。黒髪ショート。おかっぱ頭。酒に弱い上。酔うと淫乱。

幕澤 桜花
(まくざわ おうか)
19歳。服飾系の専門学校生。赤茶色ロングヘアー。料理下手。

鳳凰寺 紅葉
(ほうおうじ あかね)
19歳。フリーター(兼バンドマン)。金髪ショートカット。


隼は店を再開するために、取引先への挨拶回りをすることに。

誰かひとり詳しいヤツについてきて欲しい、ということで付き添いとして選ばれたのは「流星」でした。

取引先に向かいながら、

「何で私なのよぉ、めんどくさいんだけど」

と不満げな流星。

「もしかして私とデートしたかった?」とニヤつく流星に、隼は「ただの消去法だ」と返します。

紅葉は目つきと態度が悪い。

白菊は人見知りが激しい。

桜花は隼の悪口ばかり言って店の評判を下げそう。

秋水はただのアホだから絶対ダメ。

消去法で最後に残ったのが流星だったということ。

だから隼は、流星に何か期待しているわけではない、案内してくれればいい、と伝えます。

 

まずは焙煎工場。

店主のおじさんに淡々と挨拶する隼。

「きっとおばあさんも喜んでるよ」と話すおじさんへ、隼は「さぁどうですかね。オレ文句ばかり言われてたし」とぶっきらぼうに返します。

そんな会話を見ていた流星が、話に割り込んできます。

「すいませ~ん ちょっと緊張してるみたいで~」

「ホントにお店のことは何もわかってないダメ店長なので、どうか色々教えてやって下さい」

「この焙煎工場あってのファミリアですから今後ともよろしくお願い致しますー」

流星が愛想よく笑顔で挨拶すると、おじちゃんも機嫌が良くなり、「心配すんな、おっちゃんに任しとけ!」と言いながら、しばらくサービスで安くしてくれることに。

その後も、農家の直売所や魚屋さんへ挨拶回りを続ける二人。

相変わらず不愛想に挨拶する隼にしびれを切らし、流星が愛想よくコミュニケーションをとってお店を宣伝します。

ゆく先々で、隼を茶化すように取引先とコミュニケーションをとる流星でしたが…

隼の心の声(くそっ… なんなんだコイツさっきから 行く先々でオレをバカにしやがって)

と、ご機嫌ななめの隼でした。

 

取引先への挨拶周りが終わった後、流星は「もう一箇所行くところがあるわ」と言います。

到着したのは神社。

「神様に報告に来たの。何か新しいことを始める時は、自分の街の神社に挨拶に行けって、おばあちゃんが言ってたから」

と話す流星へ、「チャラチャラしてる割りには、そういうのちゃんとやるんだな」と言う隼。

すると流星は「アンタこそなんなの?挨拶回りするんじゃなかったっけ?」と問いかけます。

「だからしただろ、さっき」という隼に、流星は厳しい言葉を浴びせました。

「ぶすくれた顔して突っ立って“お店始めます”?あんなモノが挨拶だと思ってんの?」

「さっきは人前だから茶化したけど、自営業なめんじゃないわよ」

「お世話になっている人にはちゃんと誠意をもって接するのが礼儀でしょ。」

「お願いするなら頭くらい下げなさいよ!」

「隼くんみたいなのが店長じゃ1年も経たずにまた閉店ね」

流星の言葉を聞いた隼は、おばあちゃんがお店のために必死に頭を下げる姿を思い出したのです。

「覚悟」がおばあちゃんにはあったと感じます。

「確かに…オレにはそこまでの覚悟は無かった」と素直に認める隼。

それでも店を潰したくないし、次からは気を付けると言いました。

 

そして隼は、「もう一回1人で挨拶してくる。ちゃんと頭下げて」と言い、再度挨拶周りに向かうのでした。

歩き出す隼を見つめる流星。

「口ばっかりで偉そうなヤツだけど… 反省と努力はするみたいだよ?」という紅葉の言葉を思い出します。

すると流星は、「はーやーとーくーん」と言って階段を降りる隼を呼び止め…

「ちょっと言い過ぎたお詫び。誰もいないから見ていいよ?」と、スカートをまくり上げて隼にパンツを見せつけます。

「バカかっ!何してんだ急に…」

と動揺する隼は、階段から足を踏み外し下へ転げ落ちるのでした。

そんな隼を無言で見つめながら、おみくじをチェックする流星。

大吉のおみくじを見ながら…

「隼くんかぁ。上司としても男としても…、頼りないなー」

「おみくじはハズれね」

とつぶやく流星。

おみくじには「仕事の関係から発展する」と書かれていました。

 

女神のカフェテラス第4話「挨拶回り」の感想

今回は流星回でしたね。

一見チャラチャラした雰囲気の流星ですが、意外にもしっかり者だったことにビックリしました。営業を語っていることから、過去に仕事の経験があることを匂わせます。

素直に反省し努力する姿勢を見せる隼もカッコよかったです。

最後にドジるのはいつものパターンですが(笑)

次は誰が登場するのでしょうか?5話が楽しみです♪

\今すぐ無料で読める/
>>このマンガを今すぐ無料で読む
お試し中に解約しても0円!

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

お好きな漫画を【無料orお得に】読む方法

好きな漫画を無料で(またはお得に)読みたいなら電子書籍サービスがオススメ!

\無料orお得に読める♪/
\電子書籍サービス5選/

ebookjapan
公式サイトはこちら
登録するだけなら完全無料。【業界最大級】5,000冊以上の無料漫画を読んでみませんか?
U-NEXT
公式サイトはこちら
無料お試しで【600円分】のポイントゲット。31日以内に解約すれば完全無料で安心です。
んが王国
公式サイトはこちら
毎日最大50%還元!1巻~3巻分「じっくり試し読み」できる漫画が豊富です。
Amebaマンガ
公式サイトはこちら
無料登録で100冊まで最大50%OFFクーポン。「無料連載」コーナーで毎日1話を無料で読めます。
DMMブックス
公式サイトはこちら
アダルト・BL・TLジャンルに強い!年に3回のスーパーセールがお得度“最強”で人気です。

さらに詳しい情報はこちら↓

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。