「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ 無料漫画が豊富!【まんが王国】

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男

宇宙西暦……0079年。
スペースノイドの自由を謳い、結果として人口の大半を死に至らしめた、ジオン公国が引き起こした一年戦争。

宇宙世紀0087年。
スペースノイド弾圧に強硬姿勢で動いたティターンズの独走と暴走が招き、連邦軍内部の抗争へと発展してしまったグリプス戦役。

宇宙世紀0088年。
弱体化した地球連邦政府の隙を突いた、宰相ハマーン・カーンによるザビ家再興を目論んだ第一次ネオ・ジオン抗争。

宇宙世紀0093年。
シャア総統によって行われた、地球人類の粛清を掲げた第二次ネオ・ジオン抗争。

紐解けば全てが多くの犠牲に成り立った血塗られた宇宙世紀の戦場において、常にその場に立ち、指令を出し、仲間の命を守り、時に散らせ、宇宙の戦場を戦い抜いた英雄──地球連邦宇宙軍ロンド・ベル隊司令ブライト・ノア大佐。

戦友──アムロ・レイを失い、一人残された彼はアクシズ落下を防いだ英雄となるも、第二次ネオ・ジオン抗争後、彼は騒乱罪嫌疑をかけられ、質疑応答の為に軟禁されてしまう。

地球連邦政府が恐れるニュータイプの存在を否定する為に、多くの命を通して阻止されたアクシズ落下の真相を問われる中、追憶されていくブライトの記憶。

一年戦争の開戦時、見習の青年士官として配属されたにも関わらず、混沌とした戦況の中で艦長を代理し、そのままホワイトベースの指揮を任され、戦争へと巻き込まれてしまった彼。

死と隣り合わせの重圧の中で常に決断を迫られ、艦長としての責務を果たす事しかできなかったブライト。

結果として仲間を死なせ、また感情的になりながらも、アムロと共に戦い抜いた彼は、ニュータイプの可能性を知る。

地球へと落下し、食い止める事の出来ない破滅を、優しき虹の光を見せ、人類の可能性を示したアムロと、これまでに数多くのガンダムのパイロット達と共に戦った彼の歴史が紐解かれていく。

数奇なる運命に翻弄され、刻の中に生きた名将の孤独なる最後の戦いと追憶劇の果てに、ブライトは何を決断するのか?

機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男の感想(ネタバレ、感想、おすすめなど)

シナリオの原作に福井晴敏先生を迎え、作画は葛木ヒヨン先生と、実力派がそろったガンダムUC外伝「機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男」は、ブライト・ノアを主役にしたスピンオフ作品となっています。

一年戦争から始まった宇宙世紀の数々の戦場にて戦ったガンダムのパイロット達。アムロ、カミーユ、ジュードと数奇なる運命でガンダムによって選ばれ、戦いの中でニュータイプとして覚醒し、英雄となった少年達。

そんな彼らの歴史を共に歩み、傍で見続けて来た男──ブライト・ノア艦長を視点に語られていく英雄達の追憶劇となる今作は、往年のガンダムファン必見の内容とも言えます。

主役ではなくともアムロ、カミーユ、ジュドー達と共に死線を潜り抜けていき、ガンダムパイロットと共に戦い抜いたブライト。

時には叱咤し、また支えると、頼りになる彼ですが、彼もまた人であり、そして多くの時代の流れに翻弄されてしまった英雄でもあったのだと、ガンダムの物語の中で影の存在として活躍していたブライトの歴史。

アムロと共に戦った一年戦争時では、巻き込まれる形で艦長となってしまい、重圧の中で多くの人を守らなければいけない使命と、また戦争の中で戦い抜かなければいけない軍人としての責務や、また戦火に散った仲間の死を受け止め、重責を重ねながらに成長し、後のカミーユとの出逢いで、再び戦禍の中に身を投じていくブライト。

彼もまた様々な敵と戦い、時代と戦っていたのだと、歴史の中で語られないだろう、ブライトの青春とも言える内容は、彼がどのようにして成長し、またあの場面において、どのような心境だったのだろうと、如実に語られていく物語は、ドラマ性のある内容です。

アクシズ落下を防ぎ、ニュータイプの可能性を間近に見てきた彼が、どのような想いで今まで戦ってきた仲間達に応え、そして最後に残された自分が取るべき道を選ぶと、終わりゆく時代の中で最後の決断を迫られていくブライトの終幕の物語は、読み終えた後に心に深く刺さる作品となっています。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト