「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ 無料漫画が豊富!【まんが王国】

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。

恋と呼ぶには気持ち悪い

コミックのあらすじ

エリートと周囲から言われている会社員の天草亮は雨の日に体調が悪く駅の階段から落ちそうになった所を、たまたま通りかかった女子高生に助けてもらったのでした。
その女子高生は顔色が悪い亮を見て、咄嗟に自分のお弁当を差し出し良かったら食べて欲しいと言って名前も言わずに去って行ったのです。
会社で亮はその手作りのお弁当を捨てようと思ったのですが、ゴミ箱に捨てることが出来なかったのでした。
そして、亮が家に帰宅するとリビングに朝の女子高生がいたのです。
その女子高生は有馬一花といって亮の妹の理緒の同級生だったのだ。
亮は一花に助けてくれたお礼にキスをしてあげるといつもの軽い感じで言ったら、一花はドン引きして気持ちが悪いとストレートに言ってしまいます。
亮は普段から女性からモテモテだったので、女性に初めて気持ちが悪いと言われて衝撃を受けてしまうのでした。
しかし、亮は衝撃だけでなく一花を本気に好きになってしまうのだった。
そして、イベントだったり日常でもことあるごとに一花に好きだとアピールするもののバッサリ切られてしまうのでした。
それでも亮は諦めたくなかったので、時には理緒に協力してもらったりして、一花に接近していたのです。
一方、一花の方は相変わらず亮をあしらっていたのですが、そんな中趣味を通じて仲良くなった同級生の多丸から告白されてしまうのでした。
そのことを知った亮は多丸にライバル心を燃やしてしまい、偶然彼に会った時に大人げない行動を取ってしまうのでした。
多丸自身も一花のことを諦められないので亮に張り合っていたのです。
また、亮の方も会社の同僚の松島から付き合って欲しいと言われていたのです。
亮はその時、正直歳の離れた一花よりも松島と付き合う方が無難なのかと一瞬、気持ちがブレてしまうのでした。
その時、亮の親友の益田がその話を聞いて亮らしくないと説教をしたのです。
そして、亮自身やはり一花が大切だと改めて感じていたのでした。
一方、一花も多丸からの告白を断った時に自分が亮を好きになっていることに気付いたのだった。
そして、雨の日の駅の階段で一花から亮に告白したのでした。

コミックの感想(ネタバレ、感想、おすすめなど)

雨の日の出会いをきっかけに、プレイボーイの亮が出会ったのは偶然にも妹の同級生だった。
その女子高生の一花との出会いによって亮自身の恋愛観が大きく変わってしまうのでした。
また、真面目で一生懸命なヒロインの一花も最初は亮を毛嫌いしていたのですが、アプローチされているうちに彼を大事に思っていることに気付いてしまうのです。
この作品ならではの大きな特徴が亮の一花に対するストレートな愛情表現で、大人だけどどこかピュアで本当に凄いと思ってしまいます。
また、一花にぬいぐるみや花を贈ったりテスト勉強のマニュアルを作成したりと、今までの亮では考えられない部分も必見です。
あと、亮自身が一花に迷惑そうにされてもプラス思考なのか、めげない精神が見ていて素晴らしいとまで感じてしまうぐらいです。
正直、あそこまで好きな人にバサバサ切られたらメンタル崩壊しそうな勢いでもあります。
また、亮は何を思ってなのか一花の塩対応は照れ隠しの愛情表現だと勘違いしている感じで、ある意味そんな亮を見ていたら愛おしくもなってしまいました。
あと、一花が亮に凄く冷たくていつも淡々としているのですが、たまに亮にドキッとする表情が印象的で一花もまんざらではないのかと読みながら感じてしまいました。
二人にはそれぞれライバルとして多丸や松島という人たちが現れるのですが、二人ともそれぞれ良い部分があって良い人なだけに、一花や亮にしたら告白されて迷ってしまったのかと思ってしまいました。
そして、亮の親友でもある益田が普段は明るくて軽い感じの男性なのに、いざという時は亮にハッキリアドバイスしたりと中々、しっかりした男性で本当に良い人だなぁっと痛感します。
また、亮と益田の関係や一花と理緒の関係を見ていたら羨ましくなるぐらい、それぞれが素敵な関係を築いていると思います。
恋愛だけでなく、そんな友情も楽しめる漫画になっています。
亮と一花の二人が本当の恋を知ってお互いが少しずつ成長していく姿も見所の一つになっています。
ピュアな恋愛漫画に浸りたい方にもオススメな作品です。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト