「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



MAJOR2nd

コミックのあらすじ

「MAJOR2nd」は満田卓也氏による野球漫画作品「MAJOR」の続編として位置づけられる漫画です。

「MAJOR」の主人公茂野吾郎の息子茂野大吾が主人公になっています。

父のようなプロ野球選手に憧れて野球を始めた大吾でしたが、父とは違って肩が弱くて打撃もヒットが全く打てないなどの自分の実力のなさと周囲からの茂野2世としての期待の重圧に耐えられずに野球をやめてしまいます。

そんな大吾の前に現れたのが「MAJOR」での父吾郎の終生のライバルであった佐藤寿也の息子の佐藤光でした。

大吾と光はかつて大吾が所属していた三船リトルの試合にともに出場することになります。

大吾はこの試合でライトを守るのですが守備力はありカバーなどのプレーもきちんとできるのですが、肩の弱さと打撃力のなさを露呈してしまいます。

一方の光はアメリカ帰りの帰国子女ですが野球は全くやったことがないど素人でありながら、強肩ぶりと打撃力の高さを見せつけます。

やがて光は投手、大吾は捕手として2世同士の黄金バッテリーができるのですが、卜部とアンディというライバルが現れます。

卜部は投手、アンディは捕手であり、元東斗ボーイズという強豪チームから三船リトルに来た2人でした。

彼らはお互いに切磋琢磨しながらチーム力を高めていき、ついに東斗ボーイズと対戦することになります。

東斗ボーイズには「MAJOR」で吾郎や寿也のライバルだった眉村健の息子と娘がおり、息子の渉は4番でキャッチャー、娘の道塁はエースピッチャーです。

この眉村姉弟を中心にした東斗ボーイズに苦戦しながらも三船リトルは食らいついていきます。

しかし光が投手、大吾が捕手の時に両者の間に上がったフライを取る際に2人は激突してしまいます。

一時は再起不能かと思われた光でしたが無事に回復し、このことが原因で野球をやめようとしていた大吾も再び野球を始めます。

現在は大吾が風林中野球部のキャプテンとしてのストーリー展開が続いています。

コミックの感想(ネタバレ、感想、おすすめなど)

前作「MAJOR」は主人公茂野吾郎が野球をするために生れてきたような才能あふれるキャラクターとして描かれていたのに対して、この「MAJOR2nd」では主人公の大吾の野球の能力やキャラクターが全く違うのが面白い点ですね。

吾郎は剛球を投げ豪打を打つ豪快な野球が得意でしたが息子の大吾は肩が弱くて打撃ではバントなどの小技が得意であり、寿也の息子の光が投手になるのも面白いところです。

それからおやじにそっくりな眉村渉と可愛らしい外見ながら速球投手の眉村道塁といいキャラクターがたくさん出てきます。

前作の「MAJOR」から引き続いて登場するのは聖秀学院時代の吾郎のチームメイトだった田代と藤井、三船高校のキャッチャーだった小森です。

田代は三船リトルの監督、藤井は三船リトルのコーチ、小森はライバルチームの監督としてそれぞれ登場してきます。

この「MAJOR2nd」はまだ連載中なのですが、ここまでのところでのクライマックスはやはり三船リトルと東斗ボーイズの対戦です。

東斗ボーイズの監督としては「MAJOR」で海堂3軍の夢島のコーチだった乾がおり、これも試合を盛り上げてくれました。

ただ現在の三船リトルは硬式野球ではなく、軟式野球であり変化球が禁止されているルールはどうなのでしょうかね?

前作と同じく硬式のリトルリーグのチームとして描いてもよかったような気もしますが、時代を反映しているというのもあるかもしれません。

中学生編では大吾が女子ばかりの風林中野球部でプレーするというのも面白い展開だと感じます。

「MAJOR」での吾郎の中学生時代が山根や及川、牟田などの不良が多かったことと比べても「MAJOR」とは全く違うストーリーを期待させてくれるものがあります。

今連載している中学生編も楽しいのですが、高校生になった時にはどんなストーリーになるのかが予想が尽きません。

大吾と光が敵同士になるのか、あるいは同じチームでバッテリーを組むのか、そして眉村姉弟との絡みがどうなるのかという興味が尽きない作品です。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト