「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



食糧人類 1巻【あらすじ、ネタバレ】

食糧人類 1巻 あらすじ、ネタバレ、感想、みどころ

伊江はファーストフード店で大好きなチキンナゲットにケチャップソースをたっぷりとつけて、じっくりと味わっていた。

手についたソースも「チュッ」となめてしまうほどに。

そんな伊江をバカにしたような顔で現れたのは、友達のカズだ。

カズは、聞いてもいないのにファーストフード店のチキンナゲットの作り方を丁寧に皮肉交じりで力説してきた。

この手の店はピンクスライムの肉を使っているんだ。

捨てるしかないクズ肉を集めて洗濯機へぶち込む、洗剤で洗ってな。

それを劇薬で消毒してひき肉にして…

聞くに堪えなくなった伊江は大声を上げて耳をふさいだ。

そこへお店の店長らしき人物が現れ、「お静かに願いますか」と物凄い剣幕で迫ってきた。

逃げるように立ち去る2人だった。

そとに出ると真夏のように熱い。

3月なのに、道を歩いてる人はみな汗だくだ。

街頭演説で政治家が地球の危機を訴えていた。温暖化が進み、地上で人間が住める場所は100年前の1000分の一まで激減してしまったという。

バスに乗り込んだ伊江とカズ。

2人は将来の夢を語り合う。

カズは熱中症で祖父と祖母を亡くし、気象学者を目指している。

カズはお前は画家志望だったよなと言うと、伊江はちょっと恥ずかしそうにしていた。

しばらく話をしていると、カズが気絶していた。

伊江が周りを見渡すと、乗客みんな気を失っていた。

伊江が運転席のように近寄ると、ガスマスクを装着している運転手がいた。

バスには催眠ガスが充満していたのだ。

次第に伊江も気を失っていった。

伊江が目を覚ますと、そこは見知らぬ工場の中だった。

伊江の周りには意識を失った人々が雑に敷き詰められている。

そして、伊江が周りを見渡すと、異様な光景が広がっていた。

作業員が人間を冷凍して、電気切断機で頭から縦に真っ二つに切断しているではないか。

唖然としている伊江に、作業員が声をかけ、ここからは絶対に逃げらんねえぞと不安をあおる。

そして、斧のようなものを肩に突き刺され、そのままどこかに連れていかれてしまう伊江。

乱暴に連れていかれた先には、極限までにブクブクと太った人間たちが管から流れてくる液体を必死に飲み干していた。

身の危険を感じた伊江は、なんとか脱出を試みるも、絶対に登れないような急な坂が出口の前に広がっていた。

そして、伊江は管からでる液体を飲んでいるカズを発見する。

カズは以前より体がだいぶ肥えていた。

そして恍惚な表情を浮かべ、お前も飲めよと液体を進めてくる。

喉が渇いた伊江は、一口飲もうとするも、ひとりのイケメンの男に羽交い絞めにされ、制止される。

その男は、あの液体を飲むと、思考が抑制される、あれを飲んだ奴はもう別人だと伊江に訴える。

イケメン男は、伊江に情報を教えろと、腕力で無理やり聞き出そうとする。

そこへ眼鏡をかけた男がやってきて、イケメン男をなだめた。

眼鏡の男は山引といい、3日前に来て、何も食べておらずイライラしているから勘弁してくれと話す。

そして、山引はイケメン男の名前を教えてくれた。

彼はナツネというらしい。

伊江がここはどこなんですかと山引に質問すると、ここは「人間の飼育室」と答えた。

伊江は大変驚き、それって人間がたべられるみたいじゃないですかと山引に聞いた。

不安になった伊江は大声をあげながらドアをたたき、助けを呼ぶ。

すると、ナツネが思いっきり伊江をぶん殴る。

余計なことをしやがって、さっき殺しておけばよかった、と怒りをあらわにする。

そこへ何かの物音が聞こえてきた。

ナツネは伊江に絶対に振り返るんじゃないぞと忠告する。

大きな扉が開き、現れたのはとても太い触覚のようなもの。

触覚は寝転がっている男性を真っ二つに切り裂き、運んでいく。

そして、得体も知れない巨大生物姿を現し次々と人間を食べていった。

伊江は忠告通りに振り返らないでいたが、ふとナツネに目をやると、たくさんの触覚に巻かれているのに、微動だにしていなかった。

そして、しばらく伊江たちが耐えていると、触覚は引き返していった。

何か巨大なものが去っていき、助かったのかと感じる伊江。

そこへ清掃員たちがあらわれ、無残に食い散らかされた人間たちを見て「あの幼体、よっぽど腹減ってたんだな」と話していた。

すると、ナツネが清掃員をぶん殴り、山引も無理やり管に入っている液体を飲ませ、2人は清掃員の服を奪った。

そして、その場から立ち去ろうとする2人に自分も連れて行ってくれと悲願するが、山引はアレでも飲んでればと、管の方を指さした。

伊江が何の役にも立たないと思い、山引は伊江を冷たくあしらった。

このままここに残されたら、と危険を感じた伊江は、2人に自分は「瞬間記憶能力」があり、この建物の内部も記憶していると話した。

そして、何とか2人に連れて行ってもらえることになった伊江。

2人が目を話しているすきに、伊江は親友のカズを連れてきた。

ナツネは、そんな役立たずどうするんだと激しく伊江に詰め寄るが、そこへ作業員がやって来た。

作業員は鎖をでつないだ人間たちを連れていて、「お前たち、生殖種を見るのははじめてか?何なら面白いもの見せてやるよ」と、とある場所へ連れていかれる。

そこには、牢の中にたくさんの裸の男女が入れられ、伊江たちを見るや「男ーっ」や「イイことしよ」、「ほらほら揉んでいいんだよ」と以上に発情した人間たちがいた。

生殖種とは、男女それぞれが興奮剤や催淫剤の薬物を投与され、24時間発情している。そうすることで、半永久的に子作りを強要され、巨大生物のための食料として子供を
生まされる。また、薬漬けとなった彼らを救うことはできず、最後は廃人となって廃棄されてしまう。

そんな中、山吹は作業員に興奮剤を打ち込み、生殖種がいる牢の中に放り投げる。

2人は男同士で性行為を始めた。

山引は男同士が性行為をしているのを見て、異様に興奮していた。バイセクシャルの気があるらしい。

すると、ナツネが突然牢を開け、男に質問する。

ここに収容されている女たちは助かるのか?

男は「ゆで卵からヒヨコが孵るかよ、運よく出られても一生あのままだよ」と話す。

夏目は男をぶん殴り「お前なんぞ一生オナホで終われ」と、冷徹な目をして言い放った。

そんな中、伊江たちの前に醜悪な肉塊の女性が現れる。

しかも、死んだ赤ん坊を抱いていた。

「抱いてよ、この子を」「あなたの子なのよ」と、つぶやいていた。

不気味がる山引たちだが、ナツネは意外な反応見せる。

女性に向かって「ありがとう。よくがんばって生んでくれたな」と満面の笑みで答え、女性にキスをする。

女性は涙を浮かべる。

そして、ナツネは男に言われた「ゆで卵からヒヨコが孵るかよ」という言葉を思い出した。

ナツネはそのまま女性を強く抱きしめ、バキバキと骨を折っていき絶命させてしまった。

そんな女性に夏目は目を閉じて合掌した。

伊江は、この人何考えてるんだろうと不思議がった。

そして、伊江は一刻も早く施設を脱出しようと提案するも、ナツネは「やることがある。俺は出ない」と話す。

山引の方も面白くて素敵なところだと思いません?と、退屈な外には2度と出たくないと話していた。

そこへカズが突然「伊江、コッチ来てみろよ。おもしれーぞ」と大声を上げる。

カズについていくと、そこはなんだかわからない物体がきれいに並んでいた。

天井を見上げると、中国語や英語、アラビア語や日本語がモニターに映し出されており、それが物体に反射していた。

伊江が物体に触っていると、少し動いたような気がした。

そこへ作業員たちが続々と入ってきて、伊江たちは身をひそめる。

作業員たちはデュロメーターを使い、物体の硬さを調べていた。

そして、作業員たちは物体をおびえながら拭いていた。

伊江たちはそれを見て掃除しているのではないかと思った。

すると、急に物体から、亀裂が走り、作業員は「孵ったぞ」と慌てふためいた。

そして、その場から素早く立ち去ろうとするが、シャッターが閉まってしまった。

作業員たちの目の前に、カマキリのような得体のしれない生き物が現れ、皮をはぎ取り、人間たちを次々食していった。

隠れてその光景を見ていた伊江たちは、驚愕していた。

感想&見どころ

本来人間が当たり前にしている生き物を食べるという行為が、巨大生物たちによって、逆になっています。

当然人間たちは恐怖を感じ、悲惨な様子が描かれますが、どことなく同情しきれない部分があるのは気のせいでしょうか。

自分たちがいつもしていることじゃんと、巨大生物に問われたら、ぐうの音もでない気がしますが。

他にはテーマが地球温暖化ということで、どのようにストーリーとかかわっているのかとても気になりますね。

なんで人間たちが巨大生物を倒さないのか、非常に疑問です。わざわざ人間を美味しく飼育して、与えているわけですからね。

地球温暖化と何か関係があるかもしれません。

巨大生物が地球温暖化を防ぐ最後の頼みみたいな。

それと、キャラクターたちが良いですね。

イケメンのナツネはかっこいいし、山引は何考えてるかわからなくて、何か面白いし。

主人公の伊江が巨大生物にたいしてどう対抗していくか気になりますね。

瞬間記憶の能力はあるけど、さすがにそれだけでは巨大生物と対抗できないと思うので、凄い秘密があるかも。

カズ、妙な液体を飲んで変わり果てた姿になってしまったけど、すごくかわいい。

けど、大きい赤ちゃんみたいで何の役に立つのだろうかと心配です(笑い)。

そして、巨大生物がおいしそうに人間を食べているのを見ると、何となくおなかがすいてきてしまうのは気のせいでしょうか。

あと、この漫画すごく人気があるので、気になる方は要チェックですよ。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト