「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



転生者はチートを望まない

『転生者はチートを望まない』 1巻 あらすじ

フィーメリア王国のイルガ村に住む農家の農家の四人兄弟の末っ子でもうすぐ六歳のミラ。

ある日、幼なじみのガイが蹴った木のボールで、頭を強打し、日本人としての前世の記憶の一部取り戻します。

ガイに六歳から受けられる魔術学園の選抜試験をやってる広場に強引に連れていかれます。

体が丈夫じゃないから魔術学園は無理と思うミラ。

その時、ふと何か大事な事がよぎるミラ。

ガイが受けようとするテストで使う水晶の中に中に小人が見えます。

目が合い、手を振ってくる可愛い小人達にときめくミラは目をそらします。

赤い子がガイに反応して、光ると、火の精霊と相性が良いと言われるガイ。

穏やかに暮らしたいのに、ガイが聞いたせいでミラも受ける事に。

ミラが近付くと四人の精霊らしき小人が喜んで反応すると、四色の光がまぶしく輝きます。

二人共入学を認められます。

予定より一ヶ月早まり、スイン達と王都を目指す事になります。

行くかと聞かれ、家に仕送りが出来るかもと、父親に聞いてみると、行っていいと言われます。

馬車の中でスインから精霊の事を聞く二人。

途中酔って馬車から降りて休むと、魔法を見せてくれるスイン。

気分をスッキリさせる為に料理用のミントを貰い、精霊が香りを強くしてくれます。

自分の声が風の精霊にしか聞こえていないのに気付きます。

魔力喰らいと言う魔獣の事を聞く二人。

魔法では倒せないから、逃げるしかないと言うスイン。

ご飯を食べてる時、精霊達が危険を知らせてきます。

そこき魔力喰らいが現れます。

ゆっくり逃げながら、風の精霊に来いと小声で呼び掛けます。

騎士達が戦い、スインと逃げるミラとガイ。

奴が狙ってるのが自分と気付くミラ。

皆を守る為に立ち向かうミラ。

スインの真似をして魔法を使うミラ。

大きくなった地の精霊の力を借りて、障壁で止め、落とし穴に落とすミラ。

魔力がばれ、とりあえず魔獣を埋めに行くミラ。

他にも精霊や魔力を視る事が出来る人はいると知り、話すミラ。

地の精霊が馬を操り、ミラが応援を呼びに行きます。

あれから寝込んでしまったミラ。

ガイは、ミラを守れる男になりたいと、スイン達に魔法を習います。

ミラに見せるガイ。

ミラも思いついた魔法を試してみます。

スインから基礎学習を習うミラとガイ。

文字の読み書きやフィーメリア王国の歴史などを習います。

ガイのそばにも火の精霊がいました。

精霊達に名前をつけるミラとガイ。

風の精霊はルフィー、水の精霊はディーネ、火の精霊はサラ、地の精霊はグノーと。

名付けた瞬間、皆の両耳に金のピアスが付いて慌てます。

ガイは自分の火の精霊にフレイと名付けるが、何も起きませんでした。

とりあえず、内緒にしようと話すミラ。

誕生日の朝、ミラはわくわくしていました。

花を摘みに出て、精霊達はマスターの誕生日と知り、慌てます。

プレゼントに花を摘もうとするが、良いのがないと落ち込む精霊達。

人と初めて契約する時は名付けて貰い、二人目以降はその名前を教えるとグノー。

相性がいいと早く成長できるし、成長すれば、余剰魔力増え、自分達で使える魔力量も増えると聞くミラ。

誕生日プレゼントを作って貰う事にしたミラ。

クウマに木を分けて貰うミラ。

ディーネに木をしっかり乾燥して貰い、ルフィーに木の表面を磨いて貰い、サラに各面に数字を入れて貰います。

合計五つ作って貰い、万年暦とします。

クウマがその台を作り、四色に配色するとディーネに乾燥して貰います。

家に帰るとお祝いが始まります。

別の迎えが来て出発するミラ達。

フィーメリア王国の王都に行くと、何かを感じた黒髪の男性がいました。

ーー2巻へ続く。

『転生者はチートを望まない』 1巻 感想

主人公のミラは、ガイのせいで頭を打って、前世の記憶を一部取り戻す……何て、何とも痛い思いだし方でしたね。

十一ヶ月年上だけなガイなのに、年上ぶってるガイは、お子さまですね。

リボンがちゃんと結べないミラ。

何度やっても、縦になってしまいます。

何かひと安心しますね。

面倒な使命は、まだ思い出せてないですね。

それ以外にも、時々、自分が転生した役目に関して、心が反応していましたね。

ミラじゃないですけど、小人の精霊達が可愛すぎですね。

前世の記憶を取り戻したから、精霊を視る目も得たようですね。

人間に力を貸してくれる精霊は、火、水、風、土の四種族のようですね。

魔法には、イメージが大事なようですね。

魔石があれば、他の属性の魔法も使えると。

魔力喰らいという魔獣。

ワニのような見た目の、サラに大きいサイズなんて、できれば出会いたくないですね。

しかも、噛みついて魔力を吹いあげるなんて、怖いですね。

でも、それを倒しちゃうミラは、何て凄いんでしょう。

ガイのミラを守る為に強くなりたい、は、むしろ可愛いでしたね。

いずれ、イケメン男子になるんでしょうね。

即興で技の改変ができるなんて、ミラは凄すぎです。

昔には、魔王と魔族がいて、初代女王と幼なじみと精霊達は王に選ばれた勇者が戦い、勇者が魔王を封印します。

それにしても、この顔が見えない勇者が気になりますね。

少し見えている黒髪ですか。

どこかにドラゴンが、いつか会っちゃうんでしょうね。

それにしても、精霊も果物食べたりするんですね。

魔力だけじゃなくて。

精霊ももの作りができるとは。

ミラの誕生日を祝う為に頑張る精霊達は、良い子で可愛いですね。

とうとう、王都に来たミラとガイ。

あの黒髪ロングの男性が、何者か。

もしかして、あの人?

と、想像しますね。

次の巻が楽しみですね。

早く発売されないか、待ち遠しいですね。

ライトノベルもありますから、まあ、それも配信中なので、途中かもしれませんが。

小説がお好きなら、読んでみても良いかもしれませんね。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト