「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



蜜メガネ男子倶楽部

『蜜メガネ男子倶楽部』全1巻 あらすじ

赤西高校写真部にはもうひとつ陰のクラブが存在します。

それは、“メガネ男子倶楽部”。

メガネの似合う男子を写真に撮って、愛でる、超マニアックな倶楽部です。

海老原莉子(高1)と文系黒のセルフレームの大場海とシャープなメガネの大場隼の双子の兄弟のうちの海くんとの恋物語。

黒ふちのセルフレームのメガネ男子の中でも海くんが特別な莉子。

ある日、二人を撮っていたら近付いて来て、日曜日にどちらかとデートしたら撮って言いと言われ、即答で、

「海さん」

と言う莉子。

「黒ふちのセルフレームメガネが死ぬほど好き」

宣言に見せてくれた海くんの笑顔にときめき、シャッターを押さなかった事を後悔する莉子。

何故かデートにやって来たのは隼くんで、言い当てる莉子。

海くんもやって来て、騙そうとしたのを謝ってくれたので、二人の写真を撮る莉子。

途中、海くんと抜けるとキスする二人。

そこに隼くんが来て、賭けの話をします。

女の子が落ちたら、もう一人も君が好きだからと別れている海くんと隼くん。

その賭けを知っていたと言う莉子に驚く二人。

前に見ていたと、そこで捨てたプレゼントを拾い、一人謝る海くんを見て優しいと言う莉子。

海くんの言いたい事言えと言われ、メガネの事を言って帰る莉子。

本気で好きだったと一人泣く莉子。

好きなメガネで撮らせてやると言う海くんに、

「海さんが好きだから、黒フレームが好きになった」

と言う莉子にメガネを掛けてキスする海くん。

朝比奈と口が悪い、クールなメガネのドSの明智との恋物語。

朝比奈のメガネ掛けてる人が好きと言う言葉でクラスのメガネ男子が増えていました。

自分をMと言い、明智に怒鳴られるとドキドキすると言う朝比奈。

それから、怒らなくなった明智が女子にモテはじめ、言わなければ良かったと後悔する朝比奈。

やっと怒った明智に嬉しくなる朝比奈。

できてないと否定され、思わず泣いて逃げる朝比奈。

日直最後の日に男子から、言い寄られ、明智に助けられる朝比奈。

明智だからときめいたと告白する朝比奈にキスする明智。

彼限定に苛められたいと思う朝比奈でした。

胸が大きい事に悩む花岡美空(高2)と童顔で可愛い系メガネ男子の南との恋物語。

ある日、部室に来た南くんに呼び出され、自分を隠し撮りした写真を見せられ、ストーカー呼ばわりされてしまう美空。

何でもするからと言うと、彼女のふりを頼まれ、引き受ける美空。

帰り道、手を繋ぐと赤くなる二人。

胸をからかう男子に怒る南くんにときめく美空。

同じ学年だったら良かったと思う美空。

1年の女子に問い詰められ、フリをしていたとバラす南くん。

好きだから今さら遅いと思う美空。

俺もやらせろと言う男子を殴って逃げる南くん。

追いかけ、押し倒してキスする美空。

自分の写真を持っていたから勘違いして、ムカついたから、好きなのに彼女のフリを頼んだと赤くなる南くん。

思わず可愛いと言うと、大人なキスをして、ネクタイをゆるめる南くん。

五木栞(高1)とメガネ男子一のクールで、鉄壁の王子と呼ばれる、堂本律(高2)との恋物語。

栞が生まれれ初めて告白して、OKしてくれたには、

「鉄壁のメガネ王子」

と呼ばれてました。

こそこそ写真撮ってるからと、いっそのこと付き合うと言ってくれた堂本先輩。

でも、ファンクラブが怖くて、内緒にしたいと頼む栞。

別にいいとメルアドを教えて貰います。

デートに誘い、デートする二人。

変装のサングラスを自分が掛ける堂本先輩。

実はゲーム好きと知り、一生懸命してる姿を嬉しく見つめる栞。

「好きな人と一緒にいられるだけで楽しい」

と言う栞に、ゲーセンで貰ったとマスコットをくれた先輩。

女子に見つかりそうになり、慌てて隠れる栞。

彼女いない証拠にほっぺにキスしろと、せがむ女子達にするような感じがして、

「先輩のバカ」

と言って逃げ出す栞。

知れば知るほど好きになった栞。

先輩に貰ったマスコットが、有名なキャラグッズで、首の石は本物と知る栞。

図書館にいた先輩に諦めないと宣言。

女子に立ち向かう栞にキスする先輩。

ようやくファンクラブの存在を知り、何かあったら言いなさいと言ってくれる。

彼女と言いふらす栞に照れる先輩。

「大場兄弟」

隼と分かりつつ、グッドデザイン賞を受賞したメガネを掛けてるから、一緒にどこかに行こうとする海老原。

「たかがメガネだろ」

と言いたいのにぐっとこらえた海。

「明智くん」

デートの日、怒って欲しくてわざと遅れる朝比奈。

「南くん」

人に、

「巨乳の彼女はいい」

と噂され、ショックな美空。

南は、年上なのに可愛いとか笑顔がいいと言ってくれます。

美空はメガネと言います。

「堂本先輩」

ファンクラブの子らに囲まれていたのを、心配すると、写真を1枚800円で買ってくれると喜ぶ栞。

『蜜メガネ男子倶楽部』全1巻 感想

赤西高校写真部に存在する、もうひとつ陰のクラブ、“メガネ男子倶楽部”は、メガネの似合う男子をこっそり写真に撮って、愛でる、超マニアックな倶楽部です。

結構、部員も多いみたいですね。

それだけメガネ男子が好きな娘が多いと言うことですね。

文系黒のセルフレームで大場海とシャープなメガネの大場隼の本当にそっくりな双子の兄弟。

いつも女の子に囲まれている二人。

メガネの扱い方に違いがある二人。

二人、どっちでもいいような女の子には、賭けをしている二人。

どちらが先に落とすかで、5勝6敗と言う隼。

女の子が落ちたら、もう一人も君が好きだからと言って別れている海くんと隼くん。

でも、貰って一度は捨てたプレゼントを拾い、一人謝る一面もある海。

口が悪くてクールなメガネのドSの明智。

滅多に笑わないようですし。

女子にも遠慮なしに言うタイプのようで、女子から一線を引かれていたような、感じがありますね。

怒って喜ばせたくなくて、優しくしたりします。

意外と女の子みたいな字を書くようです。

意外と優しい一面と、照れ屋な一面もあるようですね。

童顔で小柄な可愛い系メガネ男子の南。

童顔でクラスメイトにナメられてるのが嫌だと思ってます。

手を繋ぐだけで赤くなる南。

からかう男子に殴りかかるほど、男らしい一面もある、いわゆるギャップと言うやつですね。

好きな子には、攻めていたようですし。
小さくても男の子ということですね。

メガネ男子のなかでも、一番にクールな堂本律(高2)。

誰の告白にもOKしないという噂から、

「鉄壁のメガネ王子」

と呼ばれているようですね。

遠慮して、誰も告白してこないから、モテてるのに、自覚がないようですね。

本人だけ知らない、2年3年連合のファンクラブもあるようですし。

アーケードゲームが好きで、ゲームに夢中になる一面もあります。

買ったものを貰ったものと言ってプレゼントする一面もあります。

照れ屋な一面もありますね。

最後にそれぞれの四コママンガが書かれていますね。

「大場兄弟」と「明智くん」と「南くん」と「堂本先輩」の4作品で、それぞれヒロインと彼の特徴がすぐにわかるようなストーリーが描かれていますね。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト