「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



約束のネバーランド

里親に引き取られることが、自分の命を鬼に献上されることと同義語であることに気付いたエマ、ノーマンは、鬼の手先であるママやシスターの監視の目を掻い潜り、子供たち全員で施設からの脱出を目標に計画を立てていく物語です。

主人公は児童施設で育つ11歳の少女のエマです。

彼女は他の子どもたちと同様に施設の母親の役割を担うイザベラにとても懐いていました。

その施設での特徴は、毎日知能を測るためのテストを受験させられることでした。

テストではエマ、ノーマン、レイの3人ははいつも満点をとっていた。

ある日、コニーが児童施設から里親に引き取られることが決まり、見送り後に施設にうさぎのぬいぐるみを忘れていることに気づき、エマはノーマンと共にコニーに忘れ物を届けに行く途中で、施設の外の世界の事情を目撃してしまいます。

エマ、ノーマン、レイを中心に大人たちを出し抜くために、小さい子どもたちに鬼ごっこと称して訓練をさせたり、脱出に必要な道具を揃えたり、年の近い2人に協力者となってもらえるよう説得を試みたり、12歳の子どもとは思えないような発想力に富んだやり方で計画を進めていく姿にがんばれ、と応援したくなります。

また、脱出計画が不可能であることをママやシスターからほのめかされても、顔色1つ変えず、普段どおり振る舞う姿など、読んでいて緊張感が走ります。

エマ、ノーマン、レイ、3人とも施設から脱出したいという意見は一致するものの赤ちゃんなど連れて脱走をするのは現実的に難しいと考えるレイ、必ず全員を脱出させたいエマ、エマの気持ちを尊重しつつレイの意見に合理性を感じるノーマン。

三者三様に考えにズレがあるので、その思惑がいざ施設から脱走するとなったときにどのような展開になるのか想像しながら読み進めてみるとより面白くなると思います。

登場人物にモブキャラとなる人物がおらず、それぞれの人物が誰だか判別しやすいため、大変読みやすいと思います。

また、人物だけでなく、景色や建物の絵なども緻密に描かれている点が特徴的であると感じます。そのため、ストーリーだけでなく、純粋に綺麗な作画を楽しみたいと思っている方に対しておすすめしたいです。

 

約束のネバーランドのあらすじ・感想

この漫画は週刊少年ジャンプで連載されている今注目ナンバーワンの漫画である。

生まれた時から孤児院育ちの孤児達はシスターと楽しく暮らしていた、しかしこの孤児院は外の世界に存在する鬼達の食用農園であり、孤児達を食べ物にしていた。

ある日、主人公達は同じ孤児院の子供の死体を見てしまい、今までの幸せな暮らしは嘘だと気付き、孤児院からの脱走を図るというあらすじである。

私はこの漫画を読んで面白いと思ったポイントが3つある。まず、私がおすすめしたいポイントは孤児達とシスターとの心理戦である。

孤児達はとても頭いい子からそこまで頭が回らない子までさまざまいる。

それに対して、シスターは孤児達を圧倒できる程の頭の良さを持つ。

彼等は相手の敵を分析しながら、どう出し抜こうとする様が面白い。

続いて、2つ目のおすすめポイントは主人公のキャラである。

この漫画の主人公は少年誌では珍しい女主人公であり、頭はとてもいいのだが、自分の言う事を曲げない頑固者である。

外の世界に出るためには幼くて頭が回らない子を置いていくのが定石だが、彼女は分かっていながらも、全員連れて行こうとする。

合理主義の仲間はとても呆れている様も面白い。3つ目は世界観である。

この漫画の世界観は現実世界ではなく空想世界である。

現実には存在しない鬼と呼ばれる生物が食物連鎖の頂点に立っている。

この鬼には人を食べる鬼もいれば人を食べない鬼もいる。

家畜を食べる人間もまた家畜であるという点が皮肉なことに面白い。

そして何よりも鬼のキャラデザがとても秀逸である。

これからの展開は人間が鬼をすべて倒して人間社会になるのか鬼社会であり続けるのかがカギである。

鬼の出生所も見どころになるだろう。

最後に批判的内容になってしまうが、この漫画は孤児院脱走するまでは面白いが、鬼と闘うところからは面白くない。

人気が出てきたのをいい事にキャラを無駄に増やして、引き伸ばそうと必死に見える。

この原作者はとても凄い才能を持っているのに勿体無いと感じます。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト