「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



物語の中の人

『物語の中の人』 1巻 あらすじ

森の中、逃げている少女・ミケーネ。

助けてくれたのは、黒マントの魔法使いで、リヒードと名乗ります。

ミケーネから、ロンクス魔法学校の存在を知ったリヒードは、新しい魔法を知りたがります。

二百年前に魔法書が買い占められた事件のせいで、ロンクス大陸では魔法書は、国が管理する事になったと聞き、内心慌てるリヒード。

何とかして魔法書を読んで新しい魔法が知りたいリヒードは、姿を子供に変身してまで入学を試みます。

ミケーネから、物語の魔法使いの話を聞く。

貴族である事に思い悩むミケーネに、浮遊魔法で一緒に飛び、

「どんな悩みもこの空の下ではちっぽけなもの」

と言うリヒード。

魔法学校に戻る決心したミケーネ。

中途入学には紹介状がいると知ったリヒードは、謎の大きな鳥・ムクに手紙を託します。

街で男達に襲われていた学校の同級生・リトリスを助けます。

ミカルーネ家王都別邸に着きます。

翌日、教師達はリヒードの用意した、

「森の民の女王、魔族の王、精霊族の王、竜人族の王」

の推薦状に大騒ぎします。

校長から試験を受けろように言われたリヒード。

古代魔法で精霊の王を召喚し、宴会芸をやらせます。

教師達は騒ぐが、校長の一言で入学を認められました。

リヒードは仕事斡旋所で紹介された仕事で入学金を稼いでました。

路地から子供がナイフで脅してきた姿を見て、昔を思い出すリヒード。

両親に売られ、魔法を創れないとわかると、魔法使いに捨てられます。

貧民街で孤児と暮らすなか、自分の才能を知り、旅に出ます。

長い旅の途中、蓄えた財で魔法書を買いあさり、森に塔を建て、二百年読みふけ、塔を出た時にミケーネに出会います。

追い剥ぎに来た子の保証人になってやるリヒード。

魔法学校の制服を取りに行った帰り道、魔王の娘・レアンと出会います。

母親直伝の魅了の魔法を使うが、リヒードには効きませんでした。

魔法普通科転校初日、リヒードは緊張して挨拶します。

攻撃科魔法科一年生ヴァクスが喧嘩しているのを止めると決闘する事になるリヒード。

決闘の時、ヴァクスが繰り出す魔法も吸収するリヒード。

そして、勝つとヴァクスと特殊科の揉めた相手にお仕置き魔法を掛けるリヒード。

その夜、落ち着きと威厳がないと言われたリヒードは、自分に暗示を掛けます。

翌日、森の女王の娘・マリィに挨拶されます。

普段のリヒードと違う様子に戸惑うミケーネ。

試験では、リトリスは召喚魔法でドラゴンを呼び出し、ミケーネは浮遊魔法を見せます。

ようやくいつものリヒードに戻り、詠唱なしの召喚魔法で、「水の王」を呼び出します。

キリエ先生に心配され、気を付けると約束します。

『物語の中の人』 2巻 あらすじ

かつて魔王と戦った勇者がいました。

リヒードもそのパーティーにいました。

魔王に負けて姫と結婚できないと嘆く勇者に大きな国を作る事を提案する。

と昔話を聞かせたリヒード。

攻撃科のフェイールに、友達が欲しいけど怖がられてしまう、と相談されるリヒード。

ミケーネは教室で待ってると、妖精のティリーアンネ(リーア)と知り合います。

改めて、皆で自己紹介し合います。

リヒードもそれぞれの王にあった時の話をします。

キリエ先生に部活動に参加しないとダメだと言われ、自分達の部を作る事を認めさせます。

朝現れたのは、背に羽を持つ天族のラキルム。

リヒードが強引に連れて来た残り二人は、ヴァクスとアクリネス殿下でした。

この国の王子であっても、《アリス》と呼び、態度の変わらないリヒード。

楽しい事が部活の活動方針と言うリヒード。

『物語の中の人』 3巻 あらすじ

「魔法研究会」

部活として認められ、発足しました。

自己紹介から始めるリヒード。

ようやく部室も手に入れ、張り切って魔法で拡張しようとするリヒード。

貴族達が入りたがろうとしてきたので、難しい入部試験を用意するリヒード。

同じクラスのヴァクスに声を掛ける、大分笑顔が自然に出るようになったフェイール。

レアンにも声を掛けたヴァクスは、攻撃科の男子と一部女子に敵認定されてしまう。

触手ちゃんにも手伝ってもらい、部室も無事に拡張もすませ、中に入ると、アンティークな特別な家具で揃えられていました。

奥の扉の向こうには、触手ちゃんが守っていた神が、魔法も自由に使える別の世界でした。

ヴァクスがフェイールを意識してると、からかうリヒード。

アリスの姉が隣国の王子と結婚する事になり、心配だとリヒード達に話すアリス。

それを聞いたリヒードは、こっそり見届けると目を輝かして宣言します。

結局、皆で行く事になり、郊外活動の申請を出します。

不安にしているアリスを励ます為に召喚魔法で精霊王を呼び出します。

アリスに祝福の印を与えてくれました。

皆の存在が心強くなるアリス。

《番外編》

馬車の中で、アリスの母親が皆の身辺調査をした話をします。

恋に発展しないかとか言われてしまった話。

親に秘密を作る子供の特権と言ったアリス。

母親は、良い出会いがあったと言ってくれました。

『物語の中の人』 まとめ 感想

色々、規格外なリヒード。

純粋に魔法を学ぼうとする様に皆も不思議と和みます。

以前は貴族体質な様子に嫌な空気しかなっかったクラスメイトも雰囲気も変わります。

魔法を知りたい為に、透明になって授業を覗いたりします。

いつも明るいリヒード。

校長に才能をほめられ、内心複雑な思いを抱えてましたね。

でも、時々、長く生きているリヒードとして、ふと物思いふけたりします。

楽しすぎてその時間を失うのを内心怖がっていました。

そんなリヒードに寄り添うミケーネ。

まだ、自分の気持ちに気付いていないミケーネですね。

所々で、キリエ先生に、本当の自分を見せるリヒード。

結局、巻き込まれる形のキリエ先生ですね。

人は切れない物語の「聖剣」も持っていたり、で切りつけます。

五大精霊王を呼び出して、蘇生術で生徒を助ける凄いリヒード。

本当にすごすぎて、もう麻痺するくらいですね。

毎日がたのしくて、仕方がないって感じのリヒード。

魔法がすごい以外は、案外、普通なのかもしれませんね。

むしろ、純粋で幼い感じもします。

魔法が使いたいって、うずうずしたりしてましたからね。

物語の人や、魔王の娘や森の女王の娘や妖精の娘や竜人族の王の娘や天族の娘やこの国の王子。

すごいのがたくさんでて来ましたが、普通でいたい皆でしたね。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト