「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



春待つ僕ら 1~8巻

春待つ僕ら 1巻 あらすじ

本当の友達が欲しくて、高校で脱ぼっちを目指して意気込む春野美月(みつき)。
バイト先の向かいにバスケコートがあるカフェだけが憩いの場と感じる美月。

ある日、バイト先で男子に呼び出されて行くと、マスターの娘ナナと間違えられ、失礼な事言われ、店に戻った美月は落ち込んでしまいます。だから、ナナが断ったと聞いてときはホッとしました。
しかし翌日、4人組がまた店に来ていました。どうやら営業スマイルで断ったのが通じなかったようです。
落ち込む美月に4人のうちの人の浅倉永久に声をかけられます。
美月は勇気を出し、「通われても迷惑だ」と言うが、永久に、
「バスケ部は恋愛禁止。これは竜二の初恋なんだ」と言われ、美月は、
「……騒がれたくないんだ。大事な場所だから」と騒がしくなってほしくないと頼むと、永久達は守ってくれます。

向かいのコートで美月は永久に話す。
ー小学校の時、友達の事で色々あって悩んでいた時、カフェの前のコートで出逢った友達に掛けてもらったのが、(あやちゃん)。
強くてカッコいい女の子で美月はそんな風になりたいと思っていた事を。

ー山田レイナと仲良くなりたい美月は、レイナの「バスケ部に馴れ馴れしい女は許せない」発言に永久達と距離をおこうとするが、永久に学「美月」と話し掛けられ、レイナ傷付いた顔で逃げ出してしまい、それを見て驚いた永久に事情話します。
アドバイスをくれた永久に「浅倉君達も大事な友達だから」と美月は4人を避けないでいられるように頑張ると宣言し、何とかレイナと仲直りできました。

春待つ僕ら 2巻 あらすじ

日曜バスケ部の応援に行った帰り、(あやちゃん)と再会する……が、女の子だと思っていたら実は男だったと分かり、永久の前で抱き締められてしまいます。
ー翌日、永久は美月に「絶対負けねーから…色々と! 覚えといて」と宣言してきます。

ーあやがカフェに訪ねてきます。バイトの後コートで話してると、突然抱き締められ、動揺する美月。その様子を恭介に見られてしまいます。

春待つ僕ら 3巻 あらすじ

ーカフェにやって来た永久がナナにリストバンドの裏にメッセージを書いて欲しいと竜二の代わりに頼む永久。その後、永久も美月に頼み、美月の手を取り、ぎゅっと握る。
そこへあやがデートの誘いに来て、何故か1オン1の勝負をしようとする2人……美月慌てて止め、テンパって「皆で行こう」と言ってしまいます。畳み掛けて携帯番号教えるからと、あやに納得させます。

ー恭介に「美月とあやがあんな事してた」と聞かされ、気にしてしまう永久。教室にいたカップルを例えに言うが、永久が見た時は彼氏が彼女の耳を舐めていて、そんなことしていた誤解する永久。

ーある日帰ろうとしている美月と会った永久は、少し濡れている美月の髪をタオルで拭くと同時に抱き締め、「俺引かないよ」と告げ、立ち去ってしまいます。

IH予選の日、あやに「今誰を好きでもいい。俺が本気だと知ってくれればそれでいい」と言われ、ドキドキしてしまう美月。

春待つ僕ら 4巻 あらすじ

美月、あやの試合を見つめます。
大事な所はそのままで大きくなって帰って来た、と気付きます。そんな美月の様子を見つめる永久。リストバンドを握り締め、試合に向かう。

しかし、竜二の怪我で、結局負けてしまいます。
美月思わず泣いてしまい、永久に軽く抱き寄せられ、
「絶対に強くなるから待ってて」といわれます。

ー夏休み、皆で遊園地に行きました。

春待つ僕ら 5巻 あらすじ

永久と最後に2人で観覧車に乗る美月。
永久から4人とお揃いのバスケットボールのキーホルダーを貰い、それを外すとボールになると永久が遊びだし、美月はそれをキャッチしようと近付くと、永久と距離が近くなってしまい、永久に手首を掴まれ、キスでもされるのかと思う程近付くが、観覧車が終わってしまいます。

ー降りた後、恭介に聞かれ、
「俺、美月の事好きだわ」と自分の気持ちを自覚する永久。

ーあやはあやでインタビューで「大事なコに会いたい」発言する。
ーそして、2人で会う日、「今日は大きいあやちゃんと友達になる」と決心した美月。
レンタル浴衣に着替え、花火を見に行く。
あやに「カッコ悪い所見せたくなかった…」
と後ろから抱き締められ、あの頃のあやに申し訳ないと泣いてしまう美月。
そんな美月を「美月と出会えたから、今がある」と慰め、美月の目元にキスする。
「今は誰を見ててもいいよ。これからはちゃんと男として見て欲しいだけ」宣言する。
一瞬あやがいつもと違うように見えた美月。

ー美月とあやの様子に焦る永久。「皆で花火しよう」と誘います。
軽く火傷した永久と二人きりになる美月。
友達に頼まれた文化祭委員になろうと決心し、「頑張れそうな気がする」と言って、永久に手をぎゅっとしてと頼む。
永久は、
「あの人がいたって自信が持てるようになりたい。だから、頑張る」と言う。
そんな永久の(頑張る)を受け取り、何かしたいと思う美月。「ぎゅってするだけで」と言われ、手を握ってきた美月をそのまま抱き寄せる永久。

春待つ僕ら 6巻 あらすじ

ー美月、文化祭委員としてクラスで出し物を相談、《コスプレ・カフェ》に決定する。

ーバスケ部合同練習が終わり、帰る時、4人に近付くあや。
「……またやろう」と永久に告げる。
その時、やって来た美月に、
「またすぐに会いに来るよ」と、4人の前で頬にキスする。これが初めてでないと馬鹿正直に顔に出てしまう美月。
皆に「大した事ない」とか言われるが気にしてしまう美月に、
「全然大した事じゃない。気にする事ないよ」と、自分も美月の頬にキスする永久。
素早く立ち去った永久の顔は真っ赤でした。

ー後日、カフェで美月にキスしたあやの話をすると、
「美月が神山のモノになったら嫌」と言う瑠衣の態度に、恭介は「美月の事は気に入ってると思うが、神山への対抗心でああなってる」と指摘します。

一緒にノートを探してくれた瑠衣に、
「神山と本当はどうなりたいの?」と聞かれ、「正直分からない。ただ今は約束を守りたい」
と言う美月。
ー結局、また誤解してしまう永久。

ー永久のリストバンドの裏を確認した瑠衣に好きな子を聞かれ、
「美月」と答えた時から、その話だけ瑠衣に避けられてしまう永久……後日、やっと話せた永久は瑠衣に、「今なら永久なら許せる」と言われます。

春待つ僕ら 7巻 あらすじ

ー文化祭前日、倒れる美月。あやに助けられた美月が目覚めると、あやの部屋で、文化祭の準備も手伝ってくれる。
あやの母親と子供の頃の話、2人の宝物の話をして、その帰り道、
「これからは今のあやちゃんを見ないとね」
そう告げる美月。

ー文化祭の後に告白する決心した永久。
美月は瑠衣のパンダの着ぐるみと女子高生の女装、恭介の若武士、竜二の町娘の女装、永久の海賊……それぞれのコスプレを楽しみます。
文化祭に来たあやとの時間も大切にする。

ー文化祭も無事に終わり、皆と打ち上げに行く前、永久に「一緒に写真を撮って欲しい」と頼む美月。

そして、良いフインキのなか、
「俺、美月の事好きなんだ」と美月に告白する永久。その告白にかなり驚いてしまう美月。
美月、永久に「約束」の話すると、永久嬉そうにする。

春待つ僕ら 8巻 あらすじ

3人と合流する永久。美月に告白した事、返事は貰っていないと話す。

美月、レイナに永久に告白された事を話すと、
「後悔しないように頑張れ」と言われます。

休み、美月は永久の家に行く。
おじいさんが帰って来るまで永久の部屋で過ごす。飼い猫ミルクとともに。

結局、おじいさんからは永久の昔の話は聞けず、永久に「大事な人には本当の気持ちみせてみなさい」と言われた事を話す。
「心残り解消したい」と永久にバックハグされてしまう美月。

ーカフェにあやが訪ねて来る。
二人で話していて、思わず永久に告白された事話してしまう美月。
そして、
「美月が思っているより、ずっと大事だよ。…美月愛してる」
とあやに告白されてしまう。

ーーー9巻へ続く。

春待つ僕ら 感想・ネタバレ

この作品は、最初気になってお試しで読みました。それで、読むにつれ、典型的な少女漫画って感じで面白かったです。
好きになる相手はバスケ部のエース、逆にしれが良いのかもしれませんね。
THE学園ものって感じがして、よくある感じと言えばそうですが、それでも私は面白いと思いました。絵もキレイで、登場人物たちも美形…とくに主要キャラ…つまり、美月が好きになる彼がいるバスケ部の親友たちが美形です。
登場人物たちの性格やそれぞれの背景も面白くてどんどん続きが読みたいと、思いました。
その証拠に次々と、電子コミックだから余計にどんどん購入していき、もちろん、すぐに読み進めていきました。
最新刊はまだで、早く次の巻が発売されないかと、まちわびているところです。
登場人物についてネタバレも含めて書くと、ヒロインは、ぼっちから一生懸命友達を作ろうとしているところや、健気なところがいいですね。そんなヒロイン・美月の回りには美形ばかり‼
ー美月が好きになる相手、浅倉永久、ボーッとしてたり、眠ってばかり、ちょっとやそっとじゃ顔色変えないけど、それがいいです。美月に対しては分かりやすかったみたいですが、親友の1人の若宮恭介に言わせると。
その永久が美月のことを好きだと自覚してからも、良いです。もちろん、無自覚でやっていたラブ・スキンシップも良かったですが。

美月の子供の頃の憧れの女の子・あやちゃん…実は女の子じゃなくて、神山亜哉と言う凄くイケメンな男だったというのも、定番と言えば定番ですね。
あやの美月に対する一途さも凄く良いですね。「今誰を好きでも良い」なんて言っちゃうくらいですから。
そして、最後に大告白。凄いです。
最新刊早く出て欲しいです。

永久の親友たち、恭介、宮本瑠衣、多田竜二、彼らもそれぞれ良い味を出しています。
主要キャラに必ずいる何でも出来て女の子の扱いも上手くて大人な彼、恭介。
無邪気で笑顔がかわいいけど、実は小悪魔的で、ちょっと腹黒さもある瑠衣。
バスケ一筋で初恋もまだだった純粋で一途な竜二、彼らも素敵です。
ホント、早く次の展開を読みたいですね。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト