「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



プレイボール

コミックのあらすじ

漫画「プレイボール」は作者ちばあきお氏による作品「キャプテン」の続編に位置づけられる作品です。

「プレイボール」は「キャプテン」での中学野球の試合で指を怪我して野球ができなくなってしまった谷口タカオ君が高校野球編であります。

墨谷高校に入学した谷口君は当初は野球部の練習を見てばかりいましたが、その様子を見ていたサッカー部のキャプテン相木にサッカー部に勧誘されます。

サッカーのド素人だった谷口ですが、野球で鍛えた打球感と豊富な運動量でどんどんとうまくなっていきます。

しかしどうしても野球への思いが断ち切れない谷口は、ついに野球部へ入部します。

送球ができない谷口は代打専門で夏の予選に臨みます。

1回戦の京成高校戦で代打で出場し、その後守備に就きますが送球できない弱点を見抜かれて徹底的に狙われます。

そしてライトフライを打ち上げられて、サヨナラ負けかと思われましたがここから谷口がバウンドでホームに返球して勝利を収めました。

続く2回戦の城東高戦でも谷口を中心にナインが頑張り、コールド勝ちを収めます。

そして谷口が送球練習をするうちにフォークボールを習得して、3回戦でシード校の東実と当たります。

善戦を繰り広げるも惜しくも敗れた墨谷高校では3年生が引退し、谷口は1年生ながらキャプテンに指名されます。

それから手術を受ければ曲がった指が元通りになると知った谷口は手術を受け、無事に手術を追えます。

野球部をすぐに辞めてしまった倉橋も復帰して野球部に加わり一段と力が増しいきます。

谷口の2年生時には、谷口の中学時代の後輩である島田、加藤が入学、そしてライバル校の投手であり倉橋の後輩の松川も入部してきます。

また谷口の後輩の丸井も編入試験を受けて墨谷高校野球部に入ってきます。

谷口が2年生の時には夏の予選では準々決勝まで勝ち進み、3年生時には墨谷2中からイガラシ、久保、江田川中から井口が入学してきます。

作品は谷口の3年生になった時点で連載を終了しています。

コミックの感想(ネタバレ、感想、おすすめなど)

この「プレイボール」は「キャプテン」の続編であり、登場人物もかなりの数が「キャプテン」から引き続いて登場します。

なのでまずは「キャプテン」から見ていただくのが面白い作品の見方だと思います。

「キャプテン」ではチームの方針や練習方法は谷口主導で決めていましたが、この「プレイボール」では名参謀役として倉橋がいるのも面白い点ですね。

この「プレイボール」は谷口が3年生の時の夏の予選を描くことなく連載が終了してしまったのが残念ですが、どうなっていたのだろうと想像するのは楽しいものです。

「プレイボール」では「キャプテン」における最大のライバルと言ってもいい青葉学院のエース佐野も東実のピッチャーとして登場していますが、ベストゲームを選ぶとなると谷口が2年生の時に対戦した専修館高校を挙げたいです。

ものすごい速球とカーブを持つ投手がいて、打線も強力だからです。

また野手たちも強肩揃いで絵にかいたような強豪校という感じです。

この強豪校に対して、押され気味の試合展開ながらもなんとか耐えしのぎ、終盤に逆転勝ちするのが感動できる点であります。

対戦する相手高校は公立か私立かはわからないのですが、おそらく大半は私立の強豪校だと推測されます。

こういった面が評価されてこの漫画は青少年育成国民会議の推薦を受け、アニメの方も東京都墨田区の推薦を受けています。

この「キャプテン」や「プレイボール」という野球漫画の点は、決して体格や才能に恵まれているわけではない普通の公立校の野球部がいかにして私立の強豪校を倒していくかというのを極めて現実的な視点から描いていることです。

作品には現実離れした魔球や変則打法の描写が全くないですし、試合の場面だけでなく練習の場面や部内でのもめごとなどをこれほどリアルに描いている野球漫画はあまりありません。

作品の作られた時代背景から現代の時代にはそぐわないような練習法の描写などもありますが、最初から最後まで興味深くみられる作品になっています。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト