「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



キン肉マン

キンニク星の王子でありながら、豚と間違えて地球に捨てられたダメ超人ことキンニクスグル(キン肉マン)の活躍を描いていくプロレス系の格闘漫画です。

作品初期の頃は怪獣退治などをギャグ満載で描いている作風でしたが、第28話の超人オリンピック編から格闘路線に作風が変わっていきました。

それに伴ってギャグの要素は薄れていき、シリアスな試合展開を描くことが主流となった漫画です。

主人公のキン肉マンは超人オリンピックで奇跡的にV2を果たしますが、それまでに登場した超人たちは正義超人というカテゴリーに入ります。

このオリンピックV2以降は悪魔超人や完璧超人といったカテゴリーに属する超人たちが登場し、キン肉マンをはじめとする正義超人対ほかのカテゴリーの超人の戦いを描いていく展開になっていきました。

7人の悪魔超人、6人の悪魔騎士及びそれを束ねる悪魔将軍を倒したキン肉マンの次の相手は完璧超人でした。

この完璧超人との戦いはタッグマッチであり、当初キン肉マンは一番の親友であるテリーマンとタッグを組むことができずにいました。

しかし最終的にはキン肉マン、テリーマンのコンビがこの宇宙超人タッグトーナメントで圧倒的な力で勝ち上がってきたネプチューンマン、ビッグ・ザ・武道(ネプチューンキング)の完璧超人コンビを打ち負かすのでした。

キン肉マンのその功績をたたえて、キン肉マンの父マユミはキンニク星の大王に即位させようとしますが、ここで出生時に取り違えた可能性があるとして、キン肉マン以外の5人の王子候補者との戦いが幕を開けます。

キン肉マンはこの5人の運命の王子との戦いに勝利して、キンニク星の大王に即位します。

キン肉マンがいなくなった後の地球では正義超人、悪魔超人、完璧超人との間で三属性不可侵条約が締結されます。

しかしこれを不服とする完璧超人の本隊が宇宙からやってきて、再び正義、悪魔、完璧の3団体による戦いが始まります。

この戦いも終了して、現在はまた新シリーズが始まっており、現在も連載中です。

コミックの感想

この「キン肉マン」はキン肉マンがキンニク星の大王に即位した時点で、長年連載がされていませんでしたが、2010年に22年ぶりのジャンプコミックスの第37巻が発売されました。

「キン肉マン」という作品の特徴は、以前にあった設定がその都度その都度コロコロ変わるというのがあります。

作者のゆでたまご先生によれば、その場のストーリーの盛り上がりを重視するためにこういったことが起こるのだそうです。

「キン肉マン」という作品では主要キャラであるキン肉マン、テリーマン、ロビンマスク、ウォーズマン、ラーメンマン、バッファローマンなどの活躍が多く見られます。

しかしいわゆる雑魚キャラややられキャラである超人たちの存在も見逃せません。

特に今連載されている新シリーズでは、これまであまり活躍するシーンが出て来なかった超人たちが出てきています。

ウルフマン、ティーパックマン、カレクック、カナディアンマン、ベンキマンなどの超人たちです。

このうちウルフマンだけは正義超人の中でも中心的な存在であるアイドル超人の1人ですが、彼の公式戦での成績はイマイチであります。

そのほかの超人たちも超人オリンピック編で少し登場した以降は、悪魔超人、完璧超人編では出番のなかった超人たちです。

こういったいわゆる脇キャラの活躍が楽しみであります。

特にカナディアンマンの親友スペシャルマンが登場してくれないかという期待が膨らみます。

スペシャルマンは超人オリンピック編では、アメリカの代表として今後の出番が多くなると期待されたキャラクターです。

しかしアメリカ北部の代表スペシャルマンはその後ほとんど活躍できなかったのに、アメリカ南部の代表テリーマンは目覚ましい活躍をしています。

このスペシャルマンの記念すべき初の公式戦描写が見られるかというのが、この「キン肉マン」キン肉マンという作品のこれからの最大の見どころになりそうです。

それから前の完璧超人編で活躍したネメシスことキンニクサダハルもまたどこかで登場することがありそうで、こちらも見どころになりそうです。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト