「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



キャプテン

漫画「キャプテン」は、野球の名門中学である青葉学院で2軍の補欠だった谷口タカオ君が、都立の墨谷二中の野球部に入部するところから始まります。

墨谷二中の練習を見に行って無事に野球部に入部した谷口君ですが、青葉学院時代のユニフォームを着てしまったことから名門青葉学院のレギュラー選手と誤解されて、悩み苦しみます。

どうにかしてそんな野球部員の期待に応えようとして、谷口タカオ君は父親と一緒に近くの神社で毎日ユニフォームがボロボロになるまで猛練習を積んでいきます。

そしてそんな谷口の影の努力を知った野球部のキャプテンは、谷口を次期キャプテンに指名します。

そして野球部になった谷口ですが、ノックを全く打つことができずにまた父親と神社で猛練習です。

そんな谷口キャプテンの初試合の相手は、弱小中学ながら剛球豪打の1年生井口を擁する江田川中学でした。

その井口投手に苦しめられた墨谷二中ですが、井口と同級生だった1年生イガラシのアドバイスで見事に江田川中学に勝利しました。

次の相手はコンピューター野球で有名な金成中学でした。

この強豪との試合で、キャプテン谷口は丸井に代わってセカンドに投打にわたる才能抜群のイガラシを起用して臨みます。

相手のコンピューターによる分析野球の前に大苦戦した墨谷二中ですが、最後にはデータ野球を打ち破る猛打をふるって勝利しました。

そして次は地区の決勝戦であり、相手は谷口が途中まで在籍した名門青葉学院でした。

この名門校がどんなものか見せるために谷口は青葉学院を見学しに行きます。

そして自分にもナインにも猛練習を課して、青葉学院戦に臨みます。

地区予選など眼中にない青葉学院は2軍の選手を起用しますが、墨谷二中の頑張りによって試合は大接戦になります。

追い詰められた青葉学院は次々と1軍の選手を投入し、ルール違反までして全員1軍選手に変えてきます。

墨谷二中は最後まで粘りますが、1点差で惜しくも青葉学院に敗れるのでした。

しかしこの試合での青葉学院でのルール違反の選手起用が問題となり、全国大会終了後に墨谷二中は再び青葉学院と対戦します。

この青葉学院との最初の対戦で負傷したエース松下に代わって1年生イガラシがいい速球を投げてナイスリリーフを見せます。

しかし再試合で青葉の1軍を最初から相手にする体力がないと聞いた谷口はピッチャーの練習も開始します。

この試合ではキャプテン谷口は指を骨折しながらもプレーし続け、イガラシもその谷口の闘志を見て、疲労困憊ながらも青葉学院打線に立ち向かいます。

そして最終的には青葉学院に勝利して、見事日本一になるのでした。

(青葉学院は全国優勝していたため、その青葉学院に勝った墨谷二中は日本一という位置づけです。)

それ以降この漫画は、キャプテンが丸井、イガラシ、近藤に代わり、キャプテンが変わると同時に主人公も変わりながらストーリー展開することになります。

コミックの感想

この漫画「キャプテン」の根底にあるのは、極めて現実的な野球シーンの描写です。

この作品が連載されていた時代にはあり得ないような魔球を投げる投手や非現実的な打法をする野球漫画が多かったのですが、この「キャプテン」は極めて現実的です。

そういった魔球や変則打法の描写は一切なく、普通の公立校の野球部員たちがいかにして強豪校に勝つ練習をするかという練習シーンがとても多い漫画です。

また野球部内のもめごとなどの実在する野球部でいかにもありそうな話も盛り込んでいて、野球部員達にはとてもためになる漫画であります。

投手の投げる球も早い遅いという描写はありますが、それよりもこの漫画ではキャッチャーが「さあ、ここよ」と心の中で思いながらミットを構えるシーンが多いです。

こういった面でも現実的な視点を持った漫画であると言えます。

それからこの漫画の最大の特徴はタイトルの「キャプテン」通り、野球部のキャプテンが交代すると主人公も交代するというほかの漫画にはない特徴があります。

この漫画では谷口、丸井、イガラシ、近藤という4人のキャプテンが登場しますが、それぞれの個性を生かしたチーム編成をしていくのも見どころの1つです。

作品の時代背景が古いために、今の時代ではタブーとされているような練習方法の描写もありますが、とにかく墨谷二中の野球部の練習量は半端ではありません。

この猛練習による野球部内のトラブルは特に谷口、イガラシ時代には顕著に表れています。

谷口キャプテンの時代には青葉学院の打球を想定した極めて近い距離からのノックで青あざが絶えない部員から谷口キャプテンへのクレームでした。

この件で練習後に谷口キャプテンの家に行った部員たちは、谷口が神社で部員よりもさらに近い距離からのノックを受けている姿を見て反省し、皆が文句を言わずに練習に耐える姿が描いてあります。

この部分のエピソードに関してはこの作品の大ファンであるイチロー氏も絶賛しているほどであります。

またイガラシキャプテン時代の場合は、そのあまりの練習時間の多さに部員の父母から抗議が来るという内容です。

とにかくこの「キャプテン」では野球の試合の派手な部分だけではなく、こういったシーンも丁寧に描いています。

またほかの野球漫画にありがちな女子マネージャーとの恋愛の話など、余計なものは一切描いていないのです。

古い作品ですが、これから野球を始めてみる野球少年には1度は読んでいただきたい作品です。

 


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト