「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



『隅でいいです。構わないでくださいよ。』1巻

『隅でいいです。構わないでくださいよ。』 1巻 あらすじ

少年姿の少女が、もうすぐ遊郭に売られると言います。

少女は何も言いません。

と、乙女ゲームをプレイする少女がいました。

女ではなく男が、遊女ならぬ遊男として働く遊郭に、下働きとして主人公(プレイヤー)が、紅一点状態の逆ハーレムを楽しむゲームです。

主人公のライバルは、《野菊》と言4の主人公愛理の相手が決まっても、他の相手と楽しむ設定に、《野菊》に肩入れします。

その設定に納得しないでいると、気持ち悪くないます。

目が覚めると、まるで時代劇のような町並みと人の姿に驚いていると、自分が子供になっている事に気付きます。

自分が誰か分からない事にも気付きます。

まわりも知ってる世界より、古い時代だと言う事はわかります。

遊郭のような場所で男が誘ってる事に不思議に思います。

歩き疲れ、どこかの建物の裏に潜みます。

子供だからか、泣いてしまいます。

その時、着物の男性に声を掛けられます。

結局付いて行きます。

天月妓楼で禿として、男として生活してもらうと言われます。

ここは、《吉原》で、《遊男》と言って、男が色を売ると知り、混乱します。

色を売らなくても立派な芸者にしてやると言います。

《野菊》と名前をつけてもらいます。

翌日、女と知る遊男の所に挨拶にいきます。

初日、花魁の清水の所で教わります。

傷跡に触ろうとすると、手を払われてしまいます。

おやじ様から、明日からも清水に付くかと言われ、逃げたくないと清水がいいといいます。

笑った顔が好きと、さっきの事を謝ります。

一緒にいてもいいかと聞きます。

その日以来、高い高いをされる野菊。

禿の秋水も手伝いに入ります。

天月妓楼の朝は遅く、起き出すのは昼頃のようです。

昼食に禿の凪風と合流します。

花魁の羅紋から三味線を習う野菊と秋水。

羅紋の為に宝飾を選ぶ野菊。

翌日は、花魁の宇治野から和歌を習う野菊と蘭菊。

恋歌を読みます。

蒸し暑い日が続く夏の日、おやじ様から兄達に饅頭を届けるように言われます。

襖を開けると悲鳴があがります。

怪談話をしていたようです。

十義が楽しそうに笑います。

怖がる蘭菊を見て、野菊と凪風も参加します。

宇治野兄に泣きながらしがみつきます。

清水兄に饅頭をもらって落ち着きます。

一年たった頃、野菊達禿の四人はおやじ様から、引き込みになる為に、三日後おやじ様の家に移動します。

兄達から見送られる野菊達。

清水から手紙をもらい、

「いってらっしゃい」

という言葉で送り出してくれます。

だから、野菊も、

「いってきます」

の言葉で旅立ちます。

そうして、向こう六年間は天月妓楼から離れる事になりました。

おやじ様の屋敷で暮らし一年、日々、稽古に励む野菊達。

特に変わった事なく、日々、過ごしていました。

『隅でいいです。構わないでくださいよ。』 1巻 感想

ゲームをしてる女性?少女?

主人公なのに、顔も見えないですね。

なんかスゴいゲームしてますね。

男の花魁がいる設定の乙女ゲームですね。

風邪が酷くて、死んじゃったんでしょうか。

あいまいですね。

とにかく、病死という事ですね。

気がついたら、どこかで倒れていて、その前の記憶がないと言うことですね。

最初、周りのでかさに混乱するんですよね。

子供の姿になってしまい、混乱してましたね。

ここが日本という事はわかるけど、自分の事だけがわからないようですね。

この吉原では、男が色を売る。

女は夜遊びしてこそ、女。

いわゆる男女逆転の世界ですね。

清水の傷は、下腹?

いや、腰ですね。

なにかいわくがありそうですね。

あのあわてぶりからして。

まあ、そのうちあかされるでしょうか。

暗い表情の意味とかもですね。

特に傷での対応で、気に入られたみたいですね。

清水兄に。

清水兄はどうやら、野菊の髪を伸ばして欲しいみたいですね。

切ると言った時の黒い顔、ですから。

食事を取りに行く時の兄さん達が応援する様子が、犬のようになのか、

猫っ可愛がりな感じですね。

まあ、おそらくは、猫っ可愛がりの方でしょうね。

あとの方で、それがわかるようなシーンがありましたから。

恋歌を読んだ時、

「夜離れる時は、ちょっと寂しいかな」

の意味合いの恋歌を読んだ時の野菊は、ちょっと腹黒感な表情でしたね。

蘭菊のツンデレぐらいを面白がっていましたからね。

遊男達の紡ぐ言葉……要するに、どうしても、ときめいちゃうって感じですかね。

怪談話で、野菊は超怖がりな事がわかりましたね。

それにしても、怪談話の間、どんな話だったんでしょうね。

それにしても、野菊の寝相は酷すぎですね。

引き込禿は花魁確定だそうです。

どうやら、おやじ様は最初から野菊を色を占い花魁にしようと、目論んでいたようですね。

おやじ様の屋敷に移ってからも、特に代わりなく、四人はいつものように、賑やかにやってるようですね。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト