「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



『閉ざされた記憶』全1巻

『閉ざされた記憶』全1巻 あらすじ

アニーは夢の中で恋人に会っていました。

“彼”の体温や香り、囁きかける声までリアルに感じていました。

5年前、危うく命を落としかける程の交通事故にあいます。

右手にはその時の後遺症が残っていて、あまり力が入りません。

事故に至る数週間の記憶も失っていました。

5年前、ライミンスターの郊外の街角で、飲酒運転の車に跳ねられてしまいます。

目が覚めて最初に目にしたのは、助けてくれた外科医ヘレナでした。

若い時に子宮を失い子供を持てないヘレナと、赤ん坊の時に捨てられ、施設で育ったアニー。

二人は、強い絆で結ばれます。

“夢の恋人”のおかげで現実に恋人も作れないアニー。

事故の補償金を受け取り買った家で、仕事も見つけ、なんとか暮らすアニー。

ラインミスターの大学に入る直前に事故にあったので、警察が突き止めたのはアニーが育った孤児院の住所だけ。

ヘレナとボブの結婚祝いで来ていたレストランの廊下で、”夢の恋人”にそっくりな男性に会います。

事務所で目が覚め、夢の恋人に会ったと言います。

でも、向けられた眼差しが軽蔑と怒り、むき出しの敵意に混乱します。

その夜、さらにリアルな夢を見ます。

ヘレナと”彼”の話をします。

ヘレナ達がいない間にドライブにいくと、導かれるようにある屋敷に辿り着きます。

門が開き、”彼”が出てきて、自分の名前を呼んだので喜びます。

屋敷に入り、懐かしさに囚われます。

二人のベットルームに入ると、キスされ、押し倒されます。

しかし、ゲームといい、怒り出します。

結婚生活をぶち壊したと。

結婚証明書もみせられるが、パニックになり、飛び出します。

帰ってきたヘレナにドミニクとの事を話します。

ヘレナはドミニクを訪ねて、事情を話します。

そこで初めてアニーが酷い交通事故にあっていた事を知るドミニク。

5年前の話をするドミニク。

出ていった事を5年間恨んでいたと。

ドミニクも混乱します。

5年前の出会いを思い出すドミニク。

仕事への苛立ちで喧嘩してしまい、朝、アニーがいなくなります。

探したけど、5年間見つかりませんでした。

5年前、なぜ離れたのか分からず悩むアニー。

家に来たドミニクは、アニーをほっとけず、屋敷に連れ帰ります。

アニーへの愛を執着と呼び、二人共、過去から解放される為に記憶を取り戻す協力するドミニク。

ヘレナにドミニクと暮らす事を報告します。

庭の薔薇の香りで少し思い出すアニー。

キスを思いだし、キスする二人。

夜中、眠れなくて思い付いた事を書いてるアニー。

ドミニクに孤児院時代の話をします。

自分には悪い血が流れてると泣くアニーを抱き締めるドミニク。

この腕を話したくないと、二人でベットに行き、しっかりと抱き締めあいます。

それでも、不安で一杯のアニー。

2ヶ月たった頃、妊娠に気付くアニー。

そして、思い出します。

5年前、妊娠したと勘違いして、ドミニクの

『子供は欲しくない』

『自分の子供に重荷を背負わせたくない』

その言葉に、自分に流れる”悪い血”のせいと思ったアニー。

混乱のまま家を飛び出し、結局妊娠してなかったが、ドミニクが子供を望んでいない事実に放心状態になります。

その時に車に跳ねられました。

一人で育てる決心をしつつ、ドミニクに会いに行くアニー。

その時、車が突っ込んできて、ドミニクが慌て駆け付けます。

病院で目覚めたドミニクに、アニーも赤ちゃんも無事と言う看護婦。

ドミニクの書斎で5年前結婚した時に写真を見つけます。

泣き崩れるアニー。

無理矢理、特別外出許可で屋敷に戻ったドミニク。

きちんと子供の事を話す二人。

愛してると、アニーを抱き締めるドミニク。

ようやく心から笑うアニー。

私たち家族の幸せな未来を夢に見ます。

『閉ざされた記憶』全1巻 感想

5年前、アニーは命があったのも不思議なくらいの交通事故にあって、今も後遺症と戦ってますね。

事故に至る数週間の記憶。

昏睡状態の間の記憶。

その記憶をすっかりと失ってて、苦労してますね。

生きたいと思ってたアニーを助けた事によって、外科医として評判があがったヘレナ。

アニーを娘のように思ってくれてます。

アニーとヘレナ、運命が二人を導いた感じがしますね。

家族も友達もなく、孤児院ではたった一人で過ごしていたようですね。

レストランで”夢の恋人”出会ってからか、もっとリアルな夢を見ましたね。

ベットで愛し合う夢を。

たぶん、何度も通った道なんでしょうね。

しばらく乗ってないのに、乗ったら乗れる自転車のように。

“彼”に会った嬉しさのあまり、様子が変だったのに気付かなかったんでしょうね。

怒ってるから、アニーの様子に気付かないんでしょうね。

それもゲームと思っていて。

だから、5年前の事故の事も話せないまま、アニーは自分を責めちゃいましたね。

アニーが事故にあった午後に中東に仕事に行った事を思い出すドミニク。

無意識に覚えていたから、夢の中で会っていたんでしょうね。

5年前、アニーは18才、ドミニクは28才。

少しずつ打ち解け、結婚。

でも、中東へ。

家にアニーを連れて帰って、何度も、

「愛していない」

と繰り返すあたり、未練を感じますね。

とりあえず2ヶ月と期限をつけてましいたが。

昼間のキスはハプニングと思っているのか、それ以上触れてこないドミニクに、アニーは寂しがってましたね。

「今ここにいる君がすべて」

なんて言われれ見たい台詞ですね。

駅のトイレに捨てられたという事実がアニーを苦しめているようですね。

きっかけさえつかめば、記憶は一気に戻っていきましたね。

子供の事も、今は仕事が忙しいし、アニーも不安定で、二人とも親になる心の準備も余裕もなかった、と。

誤解もとけて良かったです。

これから、幸せになって欲しいですね。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト