「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



『誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~』1~4巻

『誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~』 1巻 あらすじ

貧乏貴族の伯爵令嬢のヴィオラ・マンジェリカ・ユーフォルビアの元に、借金を肩代わりするから、結婚して欲しいと言う申し込んできます。

申し込んできたのは、超美形エリートの王宮の特務師団長のサーシス・ティネンシス・フィサリス公爵様。

不思議がるヴィオラ。

そして、訪ねてきた公爵と話すと、

「私のお飾りの妻になっていただけませんか?」

と、言われます。

6年付き合っている、元踊り子の彼女と別れたくないから、と、

『契約結婚』

を持ちかけてきたサーシス。

しかも、生活の保証はするが、仮面夫婦で、恋人も作って良いと言います。

飢饉に見舞われた領民を救う為に抱えた借金が、チャラになって家族が救われるならと、身を差し出すヴィオラ。

屋敷に着くと、あまりに多い使用人の数に驚きます。

夫婦の寝室、つまり私室の豪華さに驚くヴィオラ。

庭園の端の別棟が、サーシスと彼女の愛の巣と知り、近寄らないと言ったヴィオラの反応に複雑そうな表情を浮かべるサーシス。

翌朝、執事のロータスから、侍女長のダリアと侍女のミモザが専属となると紹介されます。

旦那様と彼女・カレンデュラ(お連れ様)は、嫌われているような雰囲気に驚きます。

無駄な食事の量に内心怒るヴィオラ。

ダリアと庭を散歩しながら、これから何をすれば良いのか、悩むヴィオラ。

『誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~』 2巻 あらすじ

食堂での食事が寂しくて、使用人達と一緒に食事する事にしたヴィオラ。

皆から誰も住んでいない立派なお屋敷を綺麗に保つだけと聞きます。

寂しい感じがしていたお屋敷をよみがえらせる為に立ち上がるヴィオラ。

メイドの服を着たヴィオラは、皆と一緒に掃除したり、庭師長ベリスから花を貰い、屋敷に飾ります。

料理長カルタムから、料理の事を聞いたりします。

皆の郷土料理をメニューに加えるアドバイスをしたりします。

この1週間、旦那様の事をすっかり忘れていたヴィオラは挨拶の為に着替えます。

屋敷の雰囲気が変わったような気がするサーシス。

ヴィオラと簡単に挨拶すると、速攻で別棟に行く旦那様に呆気に取られます。

庭の奥で妖艶なカレンデュラの膝で休む旦那様を目撃します。

公爵家の一人息子として甘えずに頑張っていたから、爵位に見向きしないお連れ様に溺れてしまったのだと力説するダリア。

契約夫婦だから、旦那様がいなくても平気と言うヴィオラ。

1か月後、屋敷にカレンデュラが現れ、驚きます。

『誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~』 3巻 あらすじ

ロータスに任せると、火花を散らす二人を見て楽しむヴィオラ。

会わなくて良いと言うロータスに家具の事を相談するヴィオラ。

サロンに先代の奥さまの嫁入り家具をセットするヴィオラ達。

旦那様とカレンデュラ様も喧嘩すると知り、感心します。

庭に育っていた実で染め物をするヴィオラ。
クッションを作ります。

カルタムの軽いノリをスルー出来ないでいると、カルタムの後頭部をはたくダリア。

実は夫婦と知ります。

ベリスにも手作りタルトをおすそわけするヴィオラ。

ベリスの態度が悪いと、後頭部をスコップで叩くミモザ。

その様子に二人も夫婦と知ります。

長雨の季節になり、暇をもて余すヴィオラ。

ロータスとダンスレッスンするヴィオラ。

筋肉痛に苦しむヴィオラをエステ隊がマッサージして磨いてくれます。

義父母夫婦が来る事になり、その間は夫婦の寝室に泊まると言う旦那様に驚きます。

『誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~』 4巻 あらすじ

寝室に簡易ベットを運んで寝ると言うと、一瞬驚く旦那様。

仲睦まじく見えるように、愛称を聞いてくる旦那様。

“ヴィー”と答え、自分はいつも通り”旦那様”と呼ぶと言うと、また、ビミョーな表情をされてしまいます。

旦那様のご両親がやってきて、いつものノリで旦那様を忘れてた事に焦ります。

庭や料理のメニュー、愛称を呼ぶ事でお母様の反応がよくなっていきます。

サロンで自分の嫁入り道具の家具や手作りクッションにも、感動してもらえます。

内心びっくり続きの旦那様。

寝室の様子にも驚きます。

屋敷が明るくなった事にお礼を言われます。

いつの間にかのろけ話になり、ダリア達の視線を痛く感じるヴィオラ。

お金を自由に使っていいと言われますが、お金を使わなくても充分だと言うヴィオラに、優しい笑顔で労いの言葉をかける旦那様。

久しぶりの会話らしい会話だと思うヴィオラ。

無事に満足して帰っていくご両親に安堵します。

いつものように、着替えて帰ってきた旦那様に挨拶すると、笑顔で話の続きは晩餐を頂きながらと言う旦那様。

全員で驚いていると、笑顔で促されます。

ーー5巻へ、続く。

『誰かこの状況を説明してください! ~契約から始まるウェディング~』 まとめ 感想

貧乏貴族の伯爵令嬢のヴィオラは、1年前に公爵で王宮の特務師団長のエリートで、見ただけで卒倒するお嬢さんがいる超美形から、結婚の申し込まれます。

そんな美形さんから、元踊り子の彼女と別れたくないから、契約結婚を持ちかけられ、心の中では大騒ぎしているヴィオラが可愛いです。

ヴィオラの態度に戸惑う旦那様。

爵位に群がって来る人や、言い寄ってくる女が嫌になっていた旦那様。

まあ、それが社交界なんでしょうね。

メイドさん達は、

《お連れ様》

と呼んで、愛人とすら呼ばない雰囲気、寒々しいですね。

もう6年もそうですから、無理ないんでしょうね。

6年もそうだから、お屋敷の様子もすっかり、綺麗なだけだったんでしょうね。

主が離れているわけですから。

そんな雰囲気にのまれても流されないヴィオラは、可愛いですね。

キャラじゃないおねだりポーズに、心の中では楽しんでいたり、小さくて可愛いですね。

ダリアに言わせれば、4歳年上のカレンデュラは、旦那様を可愛い弟のように思っているのでは、と。

百戦錬磨の達人の技で初心な旦那様を手玉にとっている、と。

つまりは、ホントは興味津々なのに、興味ないふりして、気を引いたと言う事でしょうね。

この話から、旦那様を嫌ってる訳ではないと分かりますね。

旦那様のメイドさん達の話からも、百戦錬磨がわかりますね。

ダリアとカルタム夫婦、ミモザとベリス夫婦、ツッコミが凄いですね。

特にミモザのスコップでのツッコミが、ナイスです。

ベリスもあんまり動揺していないと言う事は、よくある事なんでしょうね。

時々、見せる旦那様のビミョーな顔は、やはり、爵位や金品に興味示さないからでしょうね。

確かに贅沢は敵な人ですからね。

あと、自分に対して、キャーキャーといいますか、騒がない事に不思議と言うか、そんな感じなんでしょうね。

だから、ご両親が帰った後でも一緒に食事をしようとしてるんでしょうね。

次巻からは、大分二人の関係も変わってくるでしょうね。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト