「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



『異世界はスマートフォンとともに』1~2巻

『異世界はスマートフォンとともに』1巻 あらすじ

神様の落ち度で神雷を下界に落としてしまい、死んでしまった主人公・望月冬夜、十五才は、その現実を受け入れ、別の世界で蘇る事を受け入れます。

蘇るにあたり、基礎能力、身体能力、その他諸々を底上げしてくれた神様は、そう簡単には死なないと言います。

スマホを使えるように望むと、マップや方位も異世界に合わせてもらいます。

お金がないから、どうしようかと思っていると、馬車でやって来た服飾関係の仕事をしているザナックに制服を売ってくれと頼まれます。

町で代わりの服を用意してくれたら、売ると言う冬夜。

おおよそ中世ヨーロッパ時代くらいのこの異世界が、自分の世界と思う冬夜。

リフレットの町のザナックの店で、下着以外の服を売って、金貨十枚が今の全財産になる冬夜。

『銀月』と言う宿屋を紹介して貰うが、字は読めないからスマホで調べます。

宿屋で相場がわからないから、とりあえず金貨一枚で何泊出来るか聞いてみて、お金の計算をする冬夜。

宿帳を代筆してもらい、名前と家名が逆と知ると、イーシェンの生まれかと聞かれ、やんわり認めておきます。

町に出てみると、男達と揉めている少女二人を見付け、助けて、自分の今の身体能力を体感します。

二人と宿屋で話、仕事を斡旋してくれるギルドを知り、一緒に行く約束をする冬夜。

こうして、双子の姉のエルゼ・シルエスカと妹のリンゼ・シルエスカと知り合います。

スマホに今日の出来事をメモして、見るだけなら出来るから、あっちの世界の記事を読んでみる冬夜。

ギルド登録する三人。

武器を買いに行くと、日本刀を見つけ、イーシェンは、やっぱり日本と共通点が多いと思う冬夜。

リンゼに読み書きを習う事にした冬夜は、魔法も習いたいと言うと、魔法の適正について聞きます。

神様にスマホは魔力で充電できると聞いていたから、適正はあると言います。

魔力を増幅、蓄積、放出できる石で、魔力に反応して、水なら水が出るようで、試す冬夜。

カップがすぐに一杯になるほどの水が出てきて、驚く三人。

今度は外で試す冬夜とリンゼ。

火、土、風、光、闇……と試していく冬夜。

無の魔石は、これといて呪文が決まっていないから、とりあえず試してみると、出来てしまい、驚きます。

ザナックの依頼を受け、王都を目指す三人。

途中の町で男達に絡まれている侍のような格好している女の子を見掛け、手を貸す三人。

その子は九重八重と名乗ります。

イーシェンのオエドの出身と言う八重の話を聞く三人。

王都に行くと言うので、一緒にいく事になります。

冬夜は無属性魔法を試しながら王都を目指します。

魔法で一キロ先の様子を探ってみる冬夜。

血の臭いを感じ、人が魔物に襲われているのを察知します。

慌てて駆け付ける四人。

少女が爺を助けてくれと言うが、刺さって折れた矢が体の中にあるから、リンゼには無理で、冬夜は考えます。

体内の鏃を引き寄せてから、回復魔法をかけて助けた冬夜。

助けたのは、オルトリンデ公爵家 家令のレイムで、一緒にいたのは、公爵家令嬢のスゥイシィ・エルネア・オルトリンデ。

公爵は王族のみ与えられる爵位。

自分の父親は、アルフレッド・エルネス・オルトリンデ公爵で、国王陛下の弟だと言います。

皆は畏まり、冬夜は軽く驚いただけでした。

護衛を頼まれ、引き受ける四人。

冬夜はスゥと一緒の馬車に乗り、日本の昔話をこの世界風にして話して聞かせるのでした。

王都アレフィス。

スゥの父親に感謝される四人。

公爵の妻でスゥの母親の目を直す冬夜。

お礼に一枚で金貨十枚分の白金貨を四十枚貰います。

それと、公爵家が後ろ楯になると言う証のメダルも貰います。

『異世界はスマートフォンとともに』 2巻 あらすじ

ザナックの手紙の相手、カルロッサ・ガルン・ソードレック子爵から、八重の父親・重兵衛の話を聞きます。

八重は子爵と手合わせをして、剣の指導をしてもらいます。

冬夜はその様子をスマホで録画します。

帰りの馬車で、その映像を確認する八重。

王都で防具を探す冬夜。

貴族御用達の防具店に行く途中、迷子の女の子と出会い、送ります。

八重もギルド登録します。

ゲートが使えるから、魔物退治も楽に出来る四人。

モデリングのテストで作った将棋盤にハマる宿屋の主人や公爵達。

昔の王都だった廃墟で、サーチを使って調べてみると、何かあると地下を探索する四人。

でも、地下に眠っていたのは魔物でした。

何とか倒し、公爵家に報告に行くと、国王が毒を盛られたと、一緒に行く冬夜。

今回の犯人について考える二人。

犯人らしき古い貴族に、スリップの魔法をかけてこらしめようとする冬夜。

国王を救う冬夜。

娘のユミナ姫に気に入られます。

現場で、サーチを使って毒を探す冬夜。

関係者全員を集めて、犯人探しを始める冬夜でした。

ーー3巻へ続く。

『異世界はスマートフォンとともに』 1巻 感想

神様の落ち度で死んだのに、おじいちゃんっ子だった望月冬夜は、人の過ちを許せる人間になれとの言葉を守り、神様も許します。

ちょっと年寄り臭い所がありますね。

でも、別の世界で蘇る事が出来るから、いいと言う事でしょうか。

お約束なのは、色々最強にしてもらえる事ですね。

神様の、そう簡単には死なない、には、多少引っ掛かりますが。

スマホを使えるように望むのは、冬夜もやはり現代っ子と言う事なんでしょうね。

着いた早々、商売できるのは凄いですね。

それにしても、このザナックの店の名前が、

『ファッションキングザナック』

笑えます。

宿屋で相場がわからないから、とりあえず金貨一枚で何泊出来るか聞いてみて、お金の計算をして、ひと月が三十日と確認しましたね。

総合すると、

白金貨一枚=金貨十枚

金貨一枚=銅貨百枚

金貨一枚=約十万円

銅貨一枚=約千円?

白金貨一枚=百万円

四十枚なら四千万円?

と言った所でしょうか。

男達と揉めている少女二人を見付けて助けると言うお約束をして、双子のエルゼとリンゼと知り合います。

武器を買いに行くと、日本刀を見つけ、イーシェンは、やっぱり日本と共通点が多いのは気になりますね。

神様効果で、水、火、土、風、光、闇……と全属性使えるのは凄いですね。

そして、無属性も使える事も。

王都を目指す三人は、途中の町で男達に絡まれている侍のような格好している八重と出会います。

冬夜は無属性魔法で一キロ先の様子を探って、人が魔物に襲われているのを察知出きるなんて、さすがです。

体内の鏃を引き寄せてから、回復魔法をかけるとは、ある意味不気味な行為ですね。

助けたのは、公爵家令嬢、どんどん人間関係広がってますね。

公爵の妻でスゥの母親の目を直して、さらに人脈が強化されましたね。

公爵家が後ろ楯になると言う証のメダルも貰えて凄いですね。

『異世界はスマートフォンとともに』 2巻 感想

ソードレック子爵と会って、八重も成長する機会が与えられましたね。

王都の貴族御用達の防具店で買った防具が都合よくコートなんて、楽でいいですね。

娯楽少ないから、モデリングのテストで作った将棋盤にハマる宿屋の主人や公爵達。

毒を盛られた国王も救う冬夜は、さすがです。

娘のユミナ姫に気に入られるのはお約束ですね。

現場で、サーチを使って毒を探す冬夜。

関係者全員を集めて、探偵ドラマっぽく犯人探しを始める冬夜でした。

ーー3巻へ続く。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト