「無料試し読み」で読んでみてください

まずは「無料試し読み」で読んでみてください。
続きを読みたい場合は、購入して読んでみてくださいね。

⇒ まんが王国

マンガのタイトルで検索するとすぐに出てきます。



『プリンセスはミステリーがお好き』 全1巻

『プリンセスはミステリーがお好き』 全1巻 あらすじ

お転婆の罰から、今日から侍女になったプリンセス・リーザ。

思わず城主プリンス・フランツに挨拶に行き、追い払われてしまいます。

身分を嫌に思いながら、会う人会う人に侍女頭がどこにいるかを聞きます。

一時間後、ようやく辿り着きます。

怒る侍女頭・メイサに、

「よろしくね。おばちゃん」

と明るく挨拶するリーザ。

家老は倒れ、公爵夫人は目眩を起こし、侍女頭も高熱で倒れたと、次々とトラブルが報告されます。

城の財政に頭を痛めるプリンス。

リーザは不気味な言い伝えを聞きます。

4代前の城主が残した言葉で、

「3つの宝を見つけろ」

見つけなければ幸せになれない、とか。

侍女の中にまで身分があるのに驚くリーザ。

棚を作ろうと、壁をいじってると大きな穴が空いてしまいます。

壁の中に空洞があり、手紙を見つけます。

慌ててプリンスに知らせに走るリーザ。

しかし、追い出されてしまいます。

一人壁を修理していると、プリンスがやってきます。

リーザが字を読める事に驚くプリンス。

ローマ文字を読め、ドイツ語(スイスドイツ語)を話し、オーストリア語、ハンガリー語、フランス語と何ヵ国語も話せる事にも驚きます。

初めての手掛かりだと喜びます。

リーザは運命は変えられると確信します。

プリンスの命で川から水路引く工事が始まります。

井戸の底を見る為に、リーザの指示でどんどん水を汲みます。

そんなリーザを怪しんだプリンスは、リーザの身元を調べます。

プリンス達の風呂を用意するリーザ達侍女。

リーザに、

「幸福とは、なんだ」

と聞くプリンス。

「自由にやりたい事をする事」

と答えるリーザ。

身分はそこに生まれただけと、リーザ。

プリンスは、それを使命と言います。

しかし、村から娘を探し、子供を生んだ後は生家に返すと言うプリンス。

腹を立てたリーザは思わず、プリンスと言い合います。

しかも、リーザでいいといい出し、キスしようと抱き締められます。

うっとりするものの、金を出すと言う言葉に飛び退きます。

「お黙り!!」

と殴ってしまいます。

あらゆる求婚を断ってきたプリンセス・リーザ。

プリンスが平民の娘を望んでるとリーザが言ったおかげで、侍女達がプリンスにつきまといます。

それを全く気にしないリーザは井戸の話をします。

井戸に降りてヒントを見つけるプリンス。

リーザも井戸に落ちてしまいます。

ブルーサファイアの指輪を見つけます。

2つ目のヒントが水に濡れていたので、とりあえず上に出る二人。

プリンスの部屋で風呂に入ってると、2つ目のヒントが他にあると、シャツ1枚で言いにきます。

2つ目のヒントがルビーと結論します。

人の笑顔が見たい。

プリンスの笑顔が見たい。

とリーザ。

しかし、拒絶するプリンス。

宝探しを続けるリーザに手を貸すプリンス。

プリンスを好きだと自覚するリーザ。

メイサに泣きつくリーザ。

身分には相応の義務と責任があると言います。

馬小屋を調べるリーザとプリンス。

2つ目のヒントを見つけた時、この前の豪商が現れ、脅してきます。

指輪も奪おうとします。

リーザは隠し持っていた短剣を投げつけます。

思わず抱き合う二人。

リーザの短剣は代々に伝わるもので、調べると、ルビーの指輪が出てきます。

リーザの正体を知るプリンス。

リーザは自分は養女で結婚が嫌で逃げた事。

身分とは責任だと言う事。

だから、勘当されてしまったと話します。

自分は侍女だと、その場を離れるリーザ。

最後のヒントを解く為に急ぐプリンス。

リーザの元にやってきたプリンスは、リーザにプロポーズします。

「サファイアとルビー、2つを手にしたものは、すでに3つ目の宝も手に入れてる」

そう言うと、リーザを抱き締めるプリンス。

リーザの父がプリンスから婚礼の申し込みを受けたと言います。

皆の前でキスする二人。

『プリンセスはミステリーがお好き』 全1巻 感想

いくらプリンセスとは言え、今はただの侍女。

なのにプリンスに挨拶するとは、スゴいですね。

度胸がありすぎですね。

まあ、それが普通だったのかもしれませんね。

侍女頭、おばあちゃん扱いされて、卒倒しちゃいましたね。

次々と、スゴい早さでトラブルが起きていきますね。

実際に城主やお妃は早死にしているらしいと、噂する侍女達。

こういう噂は、広がるの早いでからね。

プリンスも最初はリーザの事は、厄介事にしか思っていませんでしたね。

いくらプリンセスでもスゴいですね。

できる言語の数。

侍女の間でもリーザの働きぶりを誉めるものも出てきます。

すっかり、指示出したりしてましたね。

子供を生むだけの身分の低い女性がいい。

確かにリーザでなくても怒る話ですね。

でも、グーで殴るなんて、リーザらしいですね。

数々の求婚者を断り続けていて、最後の男は迷い犬を蹴ったから、リーザもその男を蹴るなんて、さすがですね。

裸に彼のシャツ1枚、図らずともそうなりましたね。

赤だけはサファイアにない色、初耳ですね。

城主はブルーサファイア。

妃はルビー。

メイサにプリンスを好きだと打ち明けた時、自分も好きな人がいる話をしてくれます。

好きだけど、今の自分は侍女だと身を引くリーザ。

本当にプリンスが好きなんですね。

プリンスも自分の想いを叶える為に頑張りましたね。

それにしても、侍女頭メイサが好きなのは、ご家老だったとは。

しかも、両想いです。

リーザのテラピールームにやってきたプリンスが怒ると、何気にメイサがかばおうとしてくれてましたね。

すっかり、リーザを認めてましたね。

それにしても、侍女達がいるような場所で、皆がいるのにプロポーズするとは、

すっかり、リーザに毒されたプリンスですね。
そして、激甘ですね。

プリンセスってのもばれたし、これからですね。

これからも、リーザはリーザで、お城の中を駆け回りそうですね。

そして、ところ構わず、ラブラブしそうな雰囲気ですね。


無料漫画・コミック2200作品以上の無料試し読みはこちら

無料漫画・電子コミックが2200作品以上!1冊丸ごと無料、期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信!国内最大級の電子コミックサイト